他・カンアオイ

2018年5月 7日 (月)

岩手県であちゃ〜〜っ!

4月の終わり。秋田へ行った帰りに岩手に寄り道。
Img_9794
さ、渓流釣りですぞ〜〜!


というのは冗談ですが、
私、数年前からどういうわけか毎日YouTubeで釣り動画をみてるので気分は釣り人も同然!
そして部屋にはいつでも手に取れる場所に淡水魚図鑑!(かれこれ十年くらい経つ)


釣り…やったことないのに!

春蘭の花散策は千秋楽を迎えたのでこの日はお土産に斑入り探しです。
でも無理!難易度高すぎ!
山野草の斑入りは全然発見出来ず!
Img_9789
いつか逢いたいと思っていたミヤマエンレイソウ(シロバナエンレイソウ)です。
葉の形と花の不思議さが好きなのですが、普通のエンレイソウだと花が地味なので白花ならお庭があったら植えたいなぁなんて思っています。
Img_9787
強風のためぶれぶれです。

続きを読む "岩手県であちゃ〜〜っ!" »

2018年2月 5日 (月)

第22回 稲木清宏作陶展のご案内とカンアオイその後

私が蘭鉢を焼かせていただいている土筆窯の
稲木先生の作陶展をご案内させていただきます。
Img_6231
Img_6231_2
Img_6231_3
sharaさんのブログで展示予定の作品を何点かご覧になれます。
こちらです。
他に…焼物に挑戦してみたい!
自分だけの蘭鉢を焼いてみたい!という方も是非!
春蘭や風蘭も飾られると思います。
お気軽にお越しください!


お話変わりまして…
以前、あおいかんさんにプレゼントした
私がはじめて出逢った青軸のカンアオイの写真です。
B588cbecaa7644f0b68a9e637ce528b3
純素心ではありませんでした。
カンアオイの本当の素心はとても少ないそうです。
Img_6257
この軸もだんだん濁っていくのですね。
探す楽しさを知ってしまい…
機会があればまた散策したいです。


ご笑覧ありがとうございます。



2016年5月18日 (水)

ついに青軸見つかるか?

先日、母の様子を見に行ったあと思いの外時間が出来て2時間ほど山を歩きました。
Dsc_1444
写真は母に作ってあげたカレーライス。
カレーはお店で食うものより美味しいものを作れる自信あります!
 
この日は花散策ではなく、初めて春蘭を探して飛び込んだ山に約十年ぶりに入りました。
植林なので春蘭は元々少なかったのですが
山が暗くなりさらに少なくなった印象でした。

何も変わったものはないところですが初めて散策した山なのでときどき気になっていたんです。
Img_20160517_151318
そうそう、この急勾配を登りきった尾根沿いに
カンアオイが生えていたのを思い出しました。
 
Img_20160517_082909
マラソンでもしたかのように息切れして尾根へ。
中高の部活動を思い出すくらいキツいです(笑)
 
Dsc_1446
ありました。でもやっぱり減ったかな。

岐阜に比べたら自生数は雲泥の差です。
諦めかけて引き返した途端
目に飛び込んで来たのが
Dsc_1449
これでした。
 
Dsc_1453
素心?
青軸とはこれか?

気が滅入るほど生えてる岐阜で見つけられなかったのにこの山で見つけられるとは意外でした(^^;
 
 
最後に久しぶりに部屋に帰ったときの新芽の様子。
Img_20160518_145825
これはアオイカンさんと初めて山歩きしたときの
コロッとした子です。
ブサイクナ新芽が上がって来ました。
また報告します。
 
  
 

2016年5月 2日 (月)

春蘭不毛地帯からの脱出なるか

出張が一段落したので…

こうちょう先生と待ち合わせして
ギフチョウの観察へ♪

見たかったものがすぐ見つかりました。
Img_20160501_221126
ヒメカンアオイの葉をめくると
翡翠色した真珠のような卵が。
こんな風に産卵するわけですね。

ちなみにカンアオイの変わりは
何も見つけられませんでした(笑)
あと先日の曙かなと思ったチゴユリは
アオイカンさんとこうちょう先生の見立てで
虫に食われた障害のようです~
 
さて、綺麗な卵の写真も撮れたので
春蘭探しに行こうかと思ったところ
 
Img_20160501_221256
ギフチョウご本人登場!
生きた化石とも言われる蝶です。
いいもの見れました。
 
 
しかし、、、

この地域は春蘭はほとんど無いですね……(._.)
旅館のひとや園芸店のおじいちゃんに聞いても
春蘭そのものすら分からないというリアクション。。

山交配するひとがいるので敬遠していたけど
三河のほうへ向かうことにしました。
Dsc_1282
どうにか不毛地帯は脱したのですが
それでも少ないです(TT)
 
また続き投稿しますね。
 
 
ひとまず……
こうちょう先生!
本当に手厚いおもてなし
ありがとうございました!!
 
 
おまけ。
こうちょう先生の鉱物の世界。
Img_20160502_161723
 
Img_20160502_161758
すごかったです。写真は水晶。
なにがすごいってこうちょう先生の
バイタリティーがスゴすぎます。笑
植林以前の世界。
薪でお風呂沸かしていた時代を知っている。
敵いません。
 
 
 
 

2016年4月26日 (火)

あの植物の初散策

先日の移動の日は早起きして
時間をつくり途中下車しました。
Dsc_1214
崖っぷちに立つ駅。
 
最初の目的地は
岐阜の山だと思って歩いていたら
愛知でした。
 
何か蘭科の斑入り。
Dsc_1226
 
Dsc_1228
これも同じ種類だと思いますが名前がわからない。

大自然過ぎて春蘭は両手で数えるほども無く
春蘭がありそうな場所はことごとく
イノシシが耕した無惨な林床と化してました。

Dsc_1230
なんなのかわからない斑入り。
露草?
 
やたらカンアオイが生えていて
お世話になってるアオイカンさんになにかお土産にできないだろうかと考えていたらいつの間にかカンアオイ散策になっていました(笑)
 
関東でみかけるものとずいぶん違いました。
濃い葉艶ですね。
Img_20160426_082730
 
Img_20160426_102856
葉の模様は斑ではないことは知ってるのですが
何が何だか……。
 
Img_20160426_120724
花の見方もわからない。
これではお土産どころじゃないなぁ。
この数だけ春蘭があればいいのですが。
 
 
 
場所は変わって今度こそ岐阜へ。
Dsc_1250
チゴユリの曙斑、だと思います。
 
道の真ん中までだらしない木だな……
Img_20160426_123911
よくみるとコシアブラではないか!
まったく摘まれていないコシアブラがたくさん。
コシアブラの森でしたが、春蘭は全然っ無い(._.)
 
水苔の周辺に数え切れないカンアオイが。
Img_20160426_124337
愛知でみたカンアオイと大きさが全然違って
みんな小さくて可愛らしい姿でした。
 
Img_20160426_124319
 
Dsc_1256
銀葉? こういうのもたくさん。
 
これは斑入り?
Dsc_1254
一枚の葉だけちょっと違う。
 
Dsc_1255
透かしてみるとちょっと違う部分が透けている。
 
こちらは斑分的に黄色っぽい。
Dsc_1264
これも透かしてみると
黄色っぽい部分が裏にも透けていました。
 
わからないので何もお土産に出来ませんでした!
でもカンアオイも見て歩くと楽しくて
また散策してみたいと思います!
 
 
 

2016年4月25日 (月)

新カテゴリー追加

Img_20160425_091213
あのユンナンさんがあの植物の初散策を?!
 
するかもしれない……
つづく
 
 


2013年7月 3日 (水)

よっこいしょ鉢の旅、出演者一覧

よっこいしょ鉢の旅、出演者一覧
(順不同)

そんちょ

こうちょう先生

Sソンチョー

まーくん

DTP部屋の皆さん

きぼりのおねえちゃん

おばあちゃんたち

猫たち

釣りびと

畑のおじいちゃんたち

セキレイ、カルガモ、ケリ、トンビ

カエルたち

田んぼの亀


ありがとうございました。