« 春蘭モヤシ咲き選手権 〜2018〜 | トップページ | ジジババと呼ぶひと »

2018年9月 2日 (日)

アオイカン通信 2018年8月号

私は出張が多いため、心配な春蘭の多くを
アオイカンさんに管理をお願いしています。
今年からは水やりタイマーの設置が叶ったので
なるべく自身での管理を心がけておりますが…
成果は毎度ご報告しているとおり…
とても芳しくないものとなっております。

「アオイカンさん新芽見学行っていいですかー!」
「悪いけど都合付かないよ〜」
「8月ならいつ行っていいですかー?」
「……(…忙しいんだってば)」
今回はそんな駄々っ子ユンナン氏の
無言の圧力に押されるように…
アオイカンさんからご報告をいただいた
新芽の紹介です♪
まずは萌黄の紺覆輪中透けです。
※発見記事はこちら

4e05a6024e2e48f19b5420bea3e85ed2
ようやく新芽が出てくれました。
なんとか紺かぶりを
確認…出来ますよね??

発見時の柄は
7cfaef5f02704e33be81c3427807fbad
さすがに暗んで来ているように見えます。
後ろの覆輪が眩しいぜっ…!

こちらは私がアオイカンさんと一緒に
初めて発見した朱金花です。
※発見記事はこちらです

7525e3820e344b1fbe2080108e9d2eb3
昨年に引き続き元気元気の6枚葉です。
悔しいくらいにアオイカンさんと相性良いみたい。

次はこちら、
アオイカンさん会心の発見たるは兜花です!
※発見記事はこちらです

Ab75eb112e4640c0a4364f3d56217291
傷んだ僅か1枚葉の春蘭がここまで回復しています。
ハカマに個性が見えますね。
初作花までもう少しでしょうね!

お次は散り斑です。
今年の正月に坪で発見したうちの一株です。
5d70bd516fc9456a9727c55e4016a701
新芽が白っぽく出たとの事ですが……
写真だと分かりませんでした(笑)

こちらは上で紹介した
朱金発見の帰りに出逢った青サラサのような個体です。
※発見記事はこちら

7a90ab2a04f743ff9ebd62f7bb8cdce3
我々で推測したところ、、
遮光によりモヤシ黄色ではなく
白花として咲くのではなかろうかと考え
今年はその準備をしていただいております。

今年、関変連の皆さんと発見した
柄もので虎です。※発見記事はこちらです
B9db891de1984898b0af06c37715b409
ハカマにだけボヤがあるようですが…
現状、とても元気な無地葉です。
アオイカンさんからは、、
無言で写真送られて来ました(笑)

今年の異常な暑さです。
無理に虎出しして痛めてしまうよりは
まずは増えてくれる事がありがたいです。
来年以降、気候が落ち着いたら
じっくり挑戦していただければ幸いです。
割ってもらって私も虎出しに挑戦したいです。


ここからユンナン棚です。
後冴えの爪覆輪は作を重ねる毎に
糸覆輪へと変化して来ました。
1b750330172d4334b0a49920adc1dcdd
以前も紹介した棒縞のようすです。
もう一本の新子にも棒縞です。
5a90cbf4edb84e2eae339b09a8b1bd06
どちらも同じ外葉に棒縞が出ています。
花芽も初めて着きました。
58ad32e1afe14159a7cd0003eed78bb6
後冴えなので期待出来ませんが…(笑)
愛着たっぷりです。
この後冴え覆輪が教えてくれたのですが、
楽鉢はよく出来ますね。
すっぽ抜けや、根腐れもしにくい印象です。
私は長いあいだ楽鉢を毛嫌いしていました。
どういうわけか子供の頃から、、
ミッキーマ●スの細く黒い腕とか苦手で(笑)
楽鉢の黒い足がにょろっと出ているところが
生理的にダメだったのです(なんだそりゃ!)
ちょっと高いけど、、楽鉢増やしていきたいこの頃です。

最後は珍しく寒蘭です!
B9b226f505e04a279baa7b88c9879ea0
ゴリョウさんにわけてもらったもので
祝子川(ほうりがわ)産の赤花です。
※読み方違っていたら教えてくださいm(_ _)m
右隣りに見えてるのは新芽なのですが、、
花芽が出て来て止まってしまいました。。
開花したらまた紹介させてください。


アオイカンさん写真ありがとうございました。
で、出来たら、、け、見学させてください(笑)

こんなに良く育ててくださって
本当に本当にありがたいことです(>人<;)
もし自分の棚だったらと思うと、、
アオイカンさんには感謝しきれません。
せめて、、楽しんでくださっていたら幸いです。。

私の場合、、
我が子のような春蘭の生長の一瞬一瞬を、自分の目で見れないという大きなジレンマとはいつか蘭小屋を持つ日まで付き合っていかなければならないと思います。
整っていない栽培環境と出張の多い生活リズムを顧みずに、いざ抱え込んで大切にしてみたところ今年の夏も多くの蘭を枯らしました。
ツンツン硬葉の立ち葉はなんとか峠を越えて無事に新子が育っています。しかしコメントなどでいただいたアドバイスも丁重に受け止め、先週、消毒のうえ3鉢に分けたりもしました。そのうちの一鉢は芋を削り取られるように虫かナメクジの食害に合い、昇天してしまいました。

人様にお願いするか自分で管理するか、、蘭の調子が崩れたときどうするか…何が正解かはわかりません。蘭と付き合っていく上では決まっていないことばかりです。
けれど、大切なことは覚悟なのだと蘭のほうに教えられてばかりです。


ご笑覧ありがとうございました。


|

« 春蘭モヤシ咲き選手権 〜2018〜 | トップページ | ジジババと呼ぶひと »

新芽」カテゴリの記事

コメント

虎は、秩父の曙坪のヤツですか?
我が家も暗めの場所は真っ青でした。
同坪曙の秋芽が春に伸びた派手個体も、暗めの場所に移したら、冴えが止まり僅かに残る程度に成りましたから、冴えさすには、シッカリ日を採る必要が有りそうです。

投稿: タナゴ | 2018年9月 3日 (月) 02時17分

タナゴさん

そうです。皆さんと初めてお会いした日のですよ〜。
なるほど〜。アオイカンさんから詳しく聞いてないので(^^;) 正確な状態は分からないのですが、虎出しは簡単ではなさそうですね。うちにある本を読んだ程度ですが、、湿度管理して新芽を蒸らすとか、、置き場を変えて陽を採るなど、今年の暑さでは怖いですね(>人<;)
ちなみに勉強で購入した銘品の虎はまったく柄が出ませんでした(笑)

投稿: ユンナン | 2018年9月 3日 (月) 08時23分

お久しぶりです。

この夏の暑さは異常でしたね。

これはお勧めできない悪い例ですが
私はベランダの面積と日照で物件を決めて引っ越しして毎日帰れる職に転職したり等々。。


近所なら灌水等のお手伝いができるのですがちょっと遠いです。

投稿: とらねこ駅長 | 2018年9月 4日 (火) 00時42分

とらねこ駅長さん

ありがとうございます。
そうですね〜。僕もそれがいいと思ってます。
色々あってまともに社会人初めてまだ四年程度で(^^;)
蓄えもほとんどないので辛抱強くいきたいと思います。

投稿: ユンナン | 2018年9月 4日 (火) 08時15分

虎は青っ葉ですか。
これから曙が浮き出て来春あたりに柄がはっきりしてくるかもしれませんね。
虎は気まぐれだからまだまだ期待しても良いかも。

時々!凄い突風が吹いてますよ!
蘭小屋のビニール降ろしたけど小屋ごと飛ばされそうです( *`ω´)
何鉢かひっくり返るかも〜

投稿: よっちゃん | 2018年9月 4日 (火) 13時37分

よっちゃんさん

蘭小屋は無事ですか〜〜!!?
いま、つくばも凄い風です:(;゙゚'ω゚'):

虎は、、そうですよね〜。
もちろん柄は楽しみにしてたけど
あんなに元気な姿見れてそっちのほうが嬉しいです😊
ほんともうですね、、新芽見学させてくれないけど(笑)
アオイカンさんの腕はすごいですよ。

投稿: ユンナン | 2018年9月 4日 (火) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661585/74144109

この記事へのトラックバック一覧です: アオイカン通信 2018年8月号:

« 春蘭モヤシ咲き選手権 〜2018〜 | トップページ | ジジババと呼ぶひと »