« そして一週間後… | トップページ | この世界の片隅に(2016年公開アニメ作品) »

2018年8月13日 (月)

平成ポンコツ春蘭散策と下ネタへの熱い想い

先週、特別早く仕事が終わった日がありました。
ホテルでクワガタ採集の動画を見ながら…
(お気に入りは
GoodSonJPこと、ぐっさんじぇーぴー さんのチャンネル
https://www.youtube.com/user/1026hiroto

です)
昆虫採集者さんとしての姿勢に山歩きする者として共感するところが多く、この頃は釣り動画よりもぐっさんサンのクワガタ採集の更新が待ち遠しいです。
と、、涼しい部屋で動画みながら
疲れを癒すのも良かったでしょう。。
ただ、動画をみてると思うんですよね。
クワガタ採集はこの暑いなか山や森へと足を運ぶんだよな
……と!
つくば市といえば
数々の赤花春蘭を世に出した筑波山の麓…
私がお世話になっている某研究所内には多くの森林が残っており、少しですが春蘭が残っています。その敷地内の街路樹の脇にさえ、辛うじて生きながらえる春蘭の姿を今も見ることができるのです。。
つくば市には森を有する大きな公園もいくつかありまして、、
開発の跡に取り残された春蘭が他にもいるかもしれない…
ということで、夕刻1時間ほどですが、、
ホテルのチャリンコを借りて森の多い公園を目指したのでした。
91038e9e5c39483abfb17aaa3408ecc7
木はたくさんあるのですが、公園ですしほとんど造林されたものだと思います。
台風一過で気温が少し低かったため久しぶりに蚊が活動していました。
虫除けスプレーをかけ過ぎて身体がジワジワと熱くなり、いつの間にか汗だくです。
ジョギングの人が増え始め、、、
奇異の目に晒されながら散策します。
どうしたつくば民たち!
何を珍しがる!
この地が春蘭の一大産地だった歴史を忘れたか!
…というのは冗談です。。
Ce807f706d324bce844ff6af87cb9eed
一株だけなんとか発見しました…!
一株あれば他にもあるはずだと意気込むのですが空回り…

念のため照葉樹の暗いエリアも探してみます。
Bcf381082bc646518e9c347f42808dd1
春蘭より寒蘭がありそうですよね。
と、、、

ぶへ!!
05b9bb6acd7c413ca567002973b5c39a
いきなりありました!
春蘭ざぁぁぁん!!

木の根元で育った春蘭は公園の除草・清掃作業の難を逃れ元気でした。
A7ccb98235cb4ac19305db7472fba631
これくらい大株になると春蘭を知らない人にはリュウノヒゲなどの庭草だと思われるのか、草刈りの対象にはならないようです。。

実生の寄りも所々に出ています。
30f6a09dd8714c87af11069d91d4c4fb
でも、もしかしたら実生というより、、
毎年刈り取られる事による無限ループ芋吹かし状態かもしれません。

F7800cf206824231b1167bf6217bbf16
この照葉樹の狭い範囲にたくさん自生を確認しましたが…
1時間ほどでは変わりものは見つけられませんでした。
代わりにと言ってはなんですが人の変わり者としてつくば市民の記憶の1ページに残る事が出来ました。
やったね!!


おまけ
3c7064bedda54d7d8cbf338526a57955
6月末に
あの縞はいま
で紹介した芋吹かしの一鉢から新芽が2本出ていました。

78a3c3d2c31643738da22b88e3b30ff0
柄、、出てなさそう……_(:3」z)_


何を思ったか母がゴーヤを佃煮に。
6aa756476e434f26bca8c674e4c43ec6
ゴーヤ独特の風味を残しつつ新食感でした!

夏は冷や汁に限る!
66294b1bf9f642f18bd8f3293719e31a
宮崎県よ、こんな美味いものをありがとう!!
と思ったら、
主に宮崎県、埼玉県、山形県の郷土料理だそうです。



余談…
お気付きの方もいらっしゃると思いますが(何を!?)
ユンナンさんは決して、下ネタが苦手だったり嫌いなわけではないんです。
私は以前、Y本興業でお笑いの修行をしていた時代がありまして、普段は“まったく”面白くありませんがこれでも若手のコンペを勝ち抜いて神保町の劇場で作・演出をさせていただいた事もあります。
あの場所では多くの事を学ばせていただきました。いまは春蘭一筋ですが微塵も後悔はなく、自分を大きく成長させていただいた時間を大切に想っています。
プロの芸人、作家を目指す者には最低限守らなければいけない事がいくつかあります。そのうちのひとつが“下ネタで笑いを取りにいかない”という事なのです。当然なのですが基本的にテレビで放送出来ませんし、下ネタとは誰にでも公平に与えられたギャグなわけです。しかしお笑いの世界に身を置いたそのときから、母なるギャグ“下ネタ”とは決別しなければならない過酷な運命を背負って生きていかなければならないのです。
私は演劇、お笑い、接客業、等々で学ばせていただいた精神とはこれからも共に生きて行きたいのです。そのため自分の表現媒体でもあるブログではいただいた下ネタにあまり乗っかりませんが、どうかお気を悪くされないでいただきたいのです。私の精神をここに来てくださる大切な皆さまに押し付けるつもりは毛頭ありません。毛髪はありませんけどね!コラ!
書くべきか迷ったのですが、下ネタへのノリの悪さに誤解されてしまう事が心配で恥ずかしながら信条を綴らせていただいた次第ですm(_ _)m
ただ、ですよ。
私のようなむっつりスケベより、、
気軽に下ネタぶつけられる人のほうが健全ですから!
※リアルでお会いするときは普通に下ネタに乗りますが悪しからず!



ご笑覧ありがとうございました!



|

« そして一週間後… | トップページ | この世界の片隅に(2016年公開アニメ作品) »

新芽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661585/74023577

この記事へのトラックバック一覧です: 平成ポンコツ春蘭散策と下ネタへの熱い想い:

« そして一週間後… | トップページ | この世界の片隅に(2016年公開アニメ作品) »