« 親になる勉強のような | トップページ | あの縞はいま »

2018年6月21日 (木)

2年前の忘れもの

記事にするのを忘れたまま2年経ってしまいました(笑)
写真は2年前の東北散策で出逢った個体です。
4c75b7f27f1647768fe25ccab1435d93
色があるように感じました。
下の写真も同じ株です。
2a7990c08c4b4cdaa548b5bb4bfe1931
このときは今よりもっともっと自信が無くて、出張中の管理も今よりずっと怖くて、少し気になるくらいの場合は我慢していました。それに、欲目だと揶揄されるだけだと他人の目ばかり気にしてしまいました。いやホントに欲目かもしれないですし、画像をみてもさっぱり分からない方がいてもおかしくありません。
今春、また逢えないかと再訪しましたが残念ながら再会は叶いませんでした。
自分の気持ちに決着がつくまで…それが3年前、10年前の忘れものになっても足を運ぶのだろうと思います。…10年は嫌だな。

このあとは蘭ちゃんたちの生長をちょこっと紹介します。

そういえばこの子も2年前の写真。
アオイカンさんが発見した花です。
F4743d5c7fd24d1facd5b5b8a52b5dad
散り斑覆輪がいま咲かんとしている場に居合わせることが出来て感動しました。
その場でなんの躊躇もなく
「ほら持って行きなよ」
と、もらったバック木から今年も新芽が出ました。
2d3f582a553c4658a7e1e5b33ab069fb
この個体は葉が硬く、トイが深くて葉姿も楽しいです。


こちらは今春、よっちゃんさん、タナゴさんとお出かけした日に発見した葉変わりくんです。
B01bb884a34e419f9de39a88cbe434ae
山の写真が伝わらなさ過ぎてすみませんm(._.)m
下の写真は植え込んだばかりのときの姿です。
455ef843263c49968ffabcebc530ce3b
はやくこの子の新芽をみたいのですが(>人<;)
まだまだ発見したときの秋芽が伸びている現在の様子です。
37dbf091723245ac96cd136355eb8b77
作場で他の鉢を取ろうと手を伸ばしたとき、この子の葉が突き刺さって来て「痛っ!」なんて事がよくあります。




おまけ
14ed80c976e44267beafaa8f4fdf2a8d
今年も仙台から素心便りをいただきました!

……素心、、
今年も映らず!

果たして庭植えの素心は消滅してしまったのか?!
タキタロウのように人目につかないだけなのか?!
来春をお待ちください!


ご笑覧ありがとうございました!



« 親になる勉強のような | トップページ | あの縞はいま »

山の蘭花草姿」カテゴリの記事

新芽」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。

タキタロウは釣キチ三平ですね。

秋芽に春芽は期待してしまいますが翌年の春芽まで成長してくれれば作上がりにはなるので悩みますね。

とらねこ駅長さん

釣りキチ三平なつかしいですね。
テレビでみたのが幼稚園の頃だったのか・・?
タキタロウは渓流釣りを検索していたらたまたま辿り着いたワードなんですf^_^;
釣りキチ三平にタキタロウのエピソードあるのなら改めて見てみたいです!

刺さる(笑)、立ち葉は、現在秋芽が成長中って事だから、おそらく今年の新芽は厳しいかも。

2年でようやく普通の1年と同じ成長サイクルなのかな?。
変わり葉やチャボ、羅紗で時々聞く成長タイプと同じだとしたら益々楽しみですね。
山で見たときから、豆花系で有名な銘品の葉姿みたいに見えましたからね~。

タナゴさん

すみません秋芽と書いてしまったのですが確証はなくて、とにかく生長に2年かかっているようです。
昨年の春に出て一時的に生長が止まったのか、夏の終わりに遅く出たのか、なんとも言えないですが、、
タナゴさんのいうようなサイクルの個体だったら嬉しいです!
ちなみに刺さって来るのは本当で痛いです(笑)

わが株登場有難う。うちはやっと頭が砂を切ってきた。まだ新芽を出さない株が有って気をもんでます。この散り斑覆輪、白芽だと思ってたんだがなーー!!

アオイカンさん

そうですねー。。白芽じゃないけど、逆に言えば地味な糸覆輪しか出さないのにあそこまで花に出ることが面白いですよ。
これだっていうセオリーは散り斑にあまり通じないけど勉強になる一株です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661585/73721290

この記事へのトラックバック一覧です: 2年前の忘れもの:

« 親になる勉強のような | トップページ | あの縞はいま »