« 三十代最後の春蘭花散策 〜後編〜 | トップページ | 岩手県であちゃ〜〜っ! »

2018年5月 2日 (水)

先日の兜花と後日談

今期の写真を見返しながら、長く春を満喫できたことに感謝するばかりです。
1c39df0ca3914d85908812e523f47aa0

先日の兜花と、その発見した日に撮影した写真をいくつかご紹介します。
Aff5f496e1f442c1a67d0f71f4799ef2
このような足の踏み場もないほどの春蘭の楽園に時々出会うことがあります。

Img_9735
そこに居たのです。

山で撮影したときにあまり写せていなかった兜の弱いほうの棒芯を中心にまとめました。
Img_9725
作花ではしっかりと両棒芯が決まるといいなと思います。
兜花は中国春蘭の古い銘品のなかにも芸が不安定な品種があります。それが未だ変異の途中なのか、それとも不安定なだけなのかは分かりません。
個人的な感想ですが今回の兜花はまだ変異の始まりの段階に思えます。単にイクタが出るだけに落ち着くのか、より兜花として芸が進むのかは山の神さまにしか分かりません。

下は棒芯が食害で失われたもう一輪のほうです。どのような舌をしているのか少し手がかりになります。
Img_9726
兜の棒芯はさぞかし美味かったことでしょう。こちらの苞衣も紺覆輪が出ています。兜花のなかにはこれがさらに進んで半花弁化して亀の甲羅のようになるものがあります。中国春蘭の銘品の竜字や老十円などは特に美しいです。これを表す用語は思い出したら追記しますね(あったと思ったんだけどなぁ…)。ご存知の方はぜひ教えてくださいね。

鉢植えの葉姿です。
Img_9727
葉肉があってざらざらした男葉です。


以下、山での写真に戻ります。
Img_9733


Img_9722


Img_9731


Img_9732
写真を見返すと棒芯の先が肉厚だと気付きました。


こちらは指先くらいの小さな姿。
Img_9734
虎みたいのは日焼けのようです。
こういうのは食害で芋だけが残ってそれから出たものだろうと…
636be6ea4e0a459fbd90dc0a49fa85ca
よく観察してみると、生姜根の塊があって実生の一年生でした。

この日は朝一でいきなり兜花を発見できました。
昼にはもう力が抜けてしまい、
疲れもずいぶんたまっていたので
4b9fda819d37482994633ebf7152ffa1
こんな山のなかで寝てしまいました。良い子(おじさん)は真似しないでください。
私にしては珍しく昼過ぎに切り上げ、下山中はアオイカンさんのお土産に斑入り山野草を探しながら歩きましたが残念ながら見つかりませんでした。。
このブログがお土産ですw(アオイカンおじさんは、ブログ「長編じゃなきゃ!」と、以前コメントで煽って来たのでそれ以来ユンナンさんは長編に励んでるものの…ぜーんぜんコメントしてくれやしませんけどねー!(笑) まあ、、働きすぎですからね…。GW、少しはお仕事休めるといいですね。。)



それでは山の神さま山を歩かせていただきありがとうございました。
ご笑覧ありがとうございました!



…と、この翌日くらいに急きょ出張で桜満開の秋田県へ。
野球でいうとあれです。日本シリーズが終わったと思いきや…あれ、アジアシリーズなんてやってたの?みたいな報告が…あるようなないような。また気が向いたら更新いたします。

|

« 三十代最後の春蘭花散策 〜後編〜 | トップページ | 岩手県であちゃ〜〜っ! »

山のシュンラン蘭花草姿」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です(笑)

素晴らしい紀行文で楽しませていただきましたぁ。

次回は秋田美人の話し期待してまーす。

投稿: アマゾン杉 | 2018年5月 2日 (水) 18時31分

アマゾン杉さん

お疲れさまです!
楽しんでいただき感謝感激です!
秋田美人ゲットなるか!?
次回をお楽しみに!!!

投稿: ユンナン | 2018年5月 2日 (水) 19時56分

兜、固定すると良いですね。(変わる姿も楽しそうですけど)今日も散歩に行きましたが、まだ花が残っていましたね、日陰の藪の中でひっそりと咲いていました。青花ですが、ふくよかな整型花と出会い、最後の花見を楽しんでいます。傷みも少なく楚々と咲いていて、心が落ち着きます。

投稿: houbou | 2018年5月 2日 (水) 20時40分

houbouさん

おはようございます。
今年は春が早く来てしまいましたが、まだ枯れずに残ってる花もありますね!
なんだかんだで平年なら5月下旬まで条件によっては花が見れるのも面白いです。
ふくよかな花、あとでブログ見に行きますね!

投稿: ユンナン | 2018年5月 3日 (木) 07時37分

こちらへのコメントから、早速ザザ~と閲覧させていただきました。

期待というか希望が持てる春蘭を、数多く採取されていて羨ましい限りです。
野生の春蘭を鉢上げしてから花を見る迄、一波乱も二波乱もあるものです。努力が実って、期待した思いの花が咲くといいですね。
自分も遥か昔若かりし頃に、春蘭探しに没頭した時期がありました。現在手元に残っているのが、朱金一つと後冴えの棒縞一つ。後冴えの覆輪を数本見つけたのですが、後冴えの悲しさで花は駄花ばかりでした。素心花は多いものだと言いますが、縁がありませんでした。
そうそう春蘭を探す時は、天気の良い日には僅かな香りを頼りにしていました。

人工交配に付いては、私も同感です。
韓国産との交配も絡んで、派手派手のケバケバの春蘭が展示会に並べられているのが現状。オークションサイトでも、山採りや無名と称して出品されています。
春蘭のわびさびの奥深さは、何処に・・・(年寄りのたわごと)でした。

これからも、時々は拝見させていただきますので宜しく。

投稿: moco | 2018年5月 4日 (金) 17時27分

mocoさん

わざわざお越しいただきありがとうございます!
昔は山を歩かれていたんですね!
素心は縁のある人はあるんですけどね。
交配種の件、共感いただけて幸いです。
肯定出来ない趣味家の日常にことわりなく、いつの間にかに混ざってしまったようなので大きい組織の皆さんには大人として区分けして楽しめるように、展示なども配慮していただけたら嬉しいなと思っています。
僕の周りには意外と交配種に馴染んでいる先輩が多く、むしろ推進派の方もいらっしゃるのですが、それでギクシャクはしたくないですし、むしろ和気あいあいとやっているつもりです。
しかし、わびさびのない派手もの至上主義になっていくことで、東洋ランの根底がブレてしまうと、後に続く世代に申し訳ないなと個人的には思います。
そういう意味でも、山での出逢いを通して東洋ランって素敵なんだとブログで発信していけたらと思っています。
こちらこそ、また記事読ませていただきますのでよろしくお願いいたします。

投稿: ユンナン | 2018年5月 5日 (土) 02時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661585/73409193

この記事へのトラックバック一覧です: 先日の兜花と後日談:

« 三十代最後の春蘭花散策 〜後編〜 | トップページ | 岩手県であちゃ〜〜っ! »