« 植え替えしつつ、延長戦の予感 | トップページ | 三十代最後の春蘭花散策 〜前編〜 »

2018年4月20日 (金)

大切にしたかは自分では決められない

以前、立ち葉で杓子葉の大株で発見した個体です。
97a10e25a3ea4d4ab40c5dff85908349
とても“大切”に管理していたはずが、新木の先が悪い意味で黄色っぽくなってしまい、もっと早くに鉢をあけるべきなのに怠け過ぎてしまいました。
ご覧の通りです。
2721e5781066450080491179f5952fc8
前回の祥字と大違いでフケ根だらけなうえ、根腐れも加わってボロボロでした。
大切にしたのに
大切に出来ていなかった
はたして本当に大切にしていたのかと頭を抱えています。
ユンナンさん、作なんて余裕だと天狗になったバチが当たりました!

さて…


先日ユンナン氏から予告的なものがありましたが、今回はそれではありません。
この先は今期の花散策の傍、撮影したまま編集していなかった写真の紹介になります。


3月中旬、某所。
葉肉があって触れると弾力のある実生の寄りがありました。
660745f17d6345f694c4fbbb95bb091d
細い立ち葉はいつも写真でお伝えするのが難しいです。
葉先の様子です。
E8675f7a88b64cd0a92e92fca831853e

A678500ac4cf4166b4d8da9f232b01c9
面白そうでした。

こちらは同じ坪のなかで際立っていた個体です。
6a1639f85c45475197f09458aee6a3f6_2

881f39a2263c43e5b58b1ebc383112a3
葉にちょっかいを出すとビビーンと振動します。

1962278e87e9401a809aca8c998fca6b

B2954da706444161ac3464c189685990
こういうものでも自分で歩いて発見すると嬉しさもひとしおです。

ほど近い暗い斜面のほんの一角にはダルマ葉のような姿の坪があります。
拳大のやや大きめの石がゴロゴロしているところに落ち葉も深く積もって、常にジメジメしています。そんな探しづらい場所ですが実生が良く出て、たまに来ると楽しいです。
4674d76c81cb46bc869d8a16b956e47d
小さな二株が寄り添っています。葉肉はあるので徒長していなければ楽しくなりそうです。
通い続けたら面白い出逢いがありそうです。

特等席です。
Bbc757ee216242f3b1f94ed1eac1717c
はたして本当に特等席なのかは決められませんが。



おまけ
ふる〜〜い写真を今の端末に移すことが出来ました!
もう10年前なんだと驚きました。
C5c323cbaa024087a66b9e882e9a7b47
はじめての羅紗ちゃぼです。

88786ae67b0d44da8798e304dea14f61
はたして本当に羅紗ちゃぼなのかは決められませんが。



ご笑覧ありがとうございました!


« 植え替えしつつ、延長戦の予感 | トップページ | 三十代最後の春蘭花散策 〜前編〜 »

山の蘭花草姿」カテゴリの記事

コメント

ユンナンさん今晩は、葉変わりは写真で伝えるのが難しいですよね。私もずいぶん葉変わり候補を育てていますが、写真では見えにくい、ちょっとした動きや質感、肌の具合など、ずいぶん苦心してます。育てるのも個体差があるようで、難しいですよね。お話はいろいろ勉強になります。

houbouさん

おはようございます!
そうなんですよ。どうしたらいいのか色々考えるも、、
両目で立体視したときの見え方を再現するのは難しいです。
少しでも目で見た感覚に近づけるためにズームして画角を狭くすることが多いです。
ほんと個体差あるのがまた一筋縄ではないとこですね。ひとつの同じ管理ではそのなかの何鉢かは劣悪に感じたりするのでしょうね。たくさん考えることがありむすね!

ユンナンしゃん お久しぶり!でもないか?
根がやられましたか。
肥料過多で寒蘭なんかこんな風になりますが肥料はどうしてますか?
オイラも試行錯誤してますが。
知らず知らずの内に鉢内の肥料濃度が高くなり根を痛めてるので6月から9月を除く間は1500倍位の液肥だけにしようかと悩んでます。
肥料を少なからずあげる場合は植え替えのサイクルを早くしないとダメかもですね。
ん〜悩み尽きません(⌒▽⌒)

よっちゃん怪鳥

久しぶりのような、そうでもないような!笑
なるほど〜〜!肥料あたりでも根がやられるんですね。
うちでは基本的にコウモリの糞と、秋に臭い油かすと、、春に気まぐれでバイオゴールドなる肥料を使います。
僕が使ってるコウモリの糞は肥料あたりしないという事で、いくらあげても良いとの事で使っています(効果あるのかw
液肥なのですが、ゴリョウさんのブログで勉強させていただいてからは使わなくなりました。でも皆さんそれぞれ環境が違いますから、液肥でも置き肥でもご自身の作場に合うものを理解出来ればいいんですけどね。
ちなみにうちはネオソフロンが有機物なので肥料は少ないほうかなと思います。
よっちゃんさんのいう通り、肥料を使うならそれに見合った植え替えのサイクルが必要ですね!
(出張が多いので、肥料あたりしないコウモリの糞、根腐れしにくいネオソフロンを選んでます)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661585/73334681

この記事へのトラックバック一覧です: 大切にしたかは自分では決められない:

« 植え替えしつつ、延長戦の予感 | トップページ | 三十代最後の春蘭花散策 〜前編〜 »