« 大切にしたかは自分では決められない | トップページ | 三十代最後の春蘭花散策 〜中編〜 »

2018年4月23日 (月)

三十代最後の春蘭花散策 〜前編〜

早いもので今年の夏に私の三十代が終わります。
私にとって三十代は遅蒔きで人間性や価値観が確立されていった変化の大きな時代です。
二十〜三十代の前半は頭でっかちな哲学が先行しすぎて人間関係をまともに構築出来ず、同じバイト先の同世代と比べて精神的にとても幼く、自分が一番面白いと思い過ぎるあまり、他者を認められず、たくさんの人を傷付けてきた時代でした。
1番大切に想っていた彼女に自分の最悪な部分すべてさらけ出して拒絶されたときは立ち直れずに抜け殻になりました。その際、心に空いた穴を埋めるように手をつけた事のなかったギャンブルに依存し、約三十年かけて育んで来た私の葉は枯れ落ち、根は腐り果てました。ちょうど1年でギャンブルから抜け出すと、徐々に根腐れは解消されて新しい根を張れるようになりました。
自分がどれだけ多くの欠陥を抱えているのか考える時間が出来て、そんなときも春蘭だけはずっと傍にいてくれたのでした。

41a13d6ca1c949eeb0851e4734c531d0
※ウリカエデの花。

家庭も持たず世間一般の三十代とはまるで違う道を歩いているとは思いますが当然の報いなので後悔はありません。気付いたら会社では社交的な人間になっていたり、夢だった宇宙の仕事に携わる機会もいただけるようになりました。その一方で山ばかり歩いてる変な三十代ですが今がとても楽しいです。ただ一つ、親不孝な点を除けば。
これから仕事はもっと忙しくなっていくでしょうから人生の節目として、三十代最後の花散策は我がままをしようと決めたのでした。(来年も同じことしてたりして/(^o^)\)

前・中・後編に分けて書いていきますね。
D721835bd4e84e20aa1eb1338d3eeb87
続きは↓です。

Eb8d4d3e5b074ec3abe5cf060bd40482
今回訪れた地はどこもこのような景色でした。

Fd4e24c0ed6b49b588e5ce5b793229f2
まん丸でもないのですが不思議と吸い込まれる姿でした。
花弁の先の抜けは障害です。

時期も時期なので…
B6d84b1989ce4a9dac884e237155639c
咲き進んだ花たちの葉緑素が本領発揮しています。

土手の黄花。モヤシ花です。
14e61cc179694887a04ce82fb6d848a7
これが実物は3倍くらい色が濃く見えてしまうのです。

そんなときは他の野の花が教えてくれます。
9a173e64270344daa4d5537fa3848c34
黄色いとはこういう事です。


とても好み。
52d55d93cbf148a289c4af3d1d7a6613
青々花。

こちらも好き。
74dfd35d744b40c99d810a638dadc496
大輪もよく見る事が出来て山歩き冥利に尽きます。


好き。
78fcba6514174837b0a2be41bac1c024
こういう姿も楽しいです。
そういえば舌点は日焼けで飛びますね。以前の記事にこれと同じようなものを全面無点と書いてしまっていました。お詫びします。ちなみに春蘭の花を茹でると素心のようになるんですよ(笑)

曇天のなか雨に降られずに済みました。前日まで予報では荒れるという事だったので、この春蘭馬鹿を山の神さまが見放さないでくださったのかも。しかし、そろそろ視認性が落ちて来て下山しなければという時間になりました。
F8a72617cbe94bbebecd55427ac50f55
特に発見もなかったせいでこの花の弁先に色の滲みがあるように思えて仕方なくなりました。
タチが悪いことにもう一輪も同じように見えてしまうのです…。
F9571df46b204333b1581a50b053116e
しかし、さらに落ち葉に埋もれていたもう一輪は全くの緑色。もはや雀の涙ですらない個体に勘違いした自分を恥じ、ついに下山を覚悟したのでした。

ここで何を思ったか、

「何も発見がないのなら…せめてコシアブラを母の土産にしよう」

などと暗がりに視認性を失ったなか、コシアブラ探しに切り替えて下山する始末。
この往生際の悪さ…!
856ca8ce79c046b08102d12c8cb20a03
母に食べさせてあげられたのはタラの芽とコシアブラひとつずつ…。
たったそれだけ…。※タラの芽はハリギリかもしれません。

そうして下山しながら、収穫するにはまだ早いコシアブラの若芽にため息を漏らした頃…
目に入った春蘭。
795d50d4e4db49229cd0d0be168d654c_2
※写真をかなり明るく調整しております。

54c80a4763414281844c60d8c5a689f2_2

F2ecec262dc84ef7b6ee6d40eff5eadc_2
暗がりのなかでもなんとか縞を認識することが出来たのです。
新木から古木まで地味に紺縞や棒縞が流れていました。五〜六年生くらいでした。

もうコシアブラはみつけられなかったけど…
春蘭の縞は見つかっちゃった…!
という逆転現象で無事下山したのでした。


これで三十代最後の花散策はおしまいだな……
おじさん呼ばわりされたら「まだお兄さんだ!」
と、言い返せたが、もう言い返せなくなる…!
それが四十代になるということだ…


花粉症による目のかゆみや鼻ティッシュによる呼吸難、足腰の疲労が癒えない厳しい花散策シーズンを終え、久しぶりに平穏が訪れました。
翌日以降、植え替えに励む日々が続くと思っていました。もちろん植え替えはしているのですが写真を振り返る度にある事が頭から離れないのです。
あの花の事が……。
Img_9855

Cfd1c73ece6145c8bb88f6954512247c
理屈では勘違いで欲目の錯覚とわかっていて、それでも尚、気になって仕方がないのです。
出逢わなければこんなモヤモヤしなかったものを…
納得出来ないならせめて一作、作花を確認してピリオドを打たなければ……
次の土日がもう限界だろう。
こんなモヤモヤする終わり方はごめんだ……!


次回、往生際の悪さが爆発
ユンナン氏はどこに辿り着くのか…
更新をお待ちください。


ご笑覧ありがとうございました。





« 大切にしたかは自分では決められない | トップページ | 三十代最後の春蘭花散策 〜中編〜 »

山の蘭花草姿」カテゴリの記事

コメント

ユンナンおじさん こんばんは(⌒▽⌒)
やりますね!
最後の最後に縞発見ですか!
えー感じじゃないですか。
しかし良く見つけますね!
もう神懸かってますよd( ̄  ̄)

よっちゃんおじさーん!!
おはようございます!
縞みつかって救われましたよ〜
すごく地味柄でした(笑)
いつもコメント励みになります(o^^o)
本当ありがたい限りです!もう一人の兄さんですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661585/73354740

この記事へのトラックバック一覧です: 三十代最後の春蘭花散策 〜前編〜:

« 大切にしたかは自分では決められない | トップページ | 三十代最後の春蘭花散策 〜中編〜 »