« 足首がもげそうな日々 | トップページ | 2017年度 大晦日春蘭散策 »

2017年12月17日 (日)

年末春蘭散策と7円のお釣り

ほんとうは先輩達とワイワイと行きたいのですが、皆さん仕事が忙しく年内はひとりでしか行けないのが寂しいところです。
【業務連絡〜!】つまらないのでアオイカンさんブログ更新できるようになってね!もしくは写真送ってね!
6ddfa5ace8ab45e0ad6afef16604fa50
さて先日、再び海に近い地域へ。体は仕事での疲労でいっぱいでしたがこうして時間を作るしかありません。
動物の食害とか藪の侵食とか転売屋とかそういう残念な観念がなければゆったりと過ごしたいのですけどね。

4fa1e922e3d14a57b1e696662eb81bd2
早朝の静かな森。今回もまた地図で当たりをつけた初めての山です。
帰りの時間を考えると他の山への移動は出来ません。

51cfefa6c5944ae7b3c24422618713b8
藪は少なめですが歩きやすい場所なので食害もそれなりです。
大きい株はとても少ないです。


76316f60d72f4a569454663e988b7725
最初に気になった個体です。判断材料が乏しいので見るだけですが、これがあるなら…と歩き回ります。
どこが気になったかは皆さんも考えてみてください。左の食害の株は関係ありません。

99a8b33eff924632a3dc564b9d55edc5
…しかし似たような気配はしません。
歩けども歩けども…変わったものがなく、あまりに無いのでユンナン氏、久しぶりに植林や竹藪にまで突入してしまう始末。
散々な思いをして完全に集中力が途切れます。
結局スタート地点に戻り、一か八か山を変えようかと地図を見るものの今から厳選するのも移動するのも時間的に厳しく、八方塞がり。


スタート地点でウロウロしていると、光の加減なのかどうも引っかかる個体が。
2dfd8e4129664f4d8ea2d7c349c2e423
病気ではなくモヤモヤしています。

F8bfa3b1aeab47f4be96b63ffc01abc4
わずかに暗んだボヤの跡のようなものが。今日はこれまでかと見上げると30センチほど先に光るものが。


A7ffab5d01cb423db6acdc09dd9971b0
細くて分かりづらいですがボヤを確認。この日やっと変わりらしいものを見つけました。そしてとても狭い範囲にもしゃもしゃと徒長した葉が出ている事に気付きます。


2bc656587cf1461cbac04cb9fbd4c3b1
そのもしゃもしゃしてどの葉がどの株なのかわからないなかの葉先にもボヤの片鱗が。
もしゃもしゃした中には全くボヤを感じられない普通の個体もあるようでした。


暗んでない個体はないか…?
466e6d3a6df24b0883691a61fa508892
あった。それなりにボヤが残っています。


なかには蕾を着けた個体も。
F4141979481649c7ae727a61fe3cbcf3
蕾ひとつだけなので剥きません。陽に透けないかと覗き込むも苞衣の色が濃くて分かりませんでした。

灯台下暗し!

どれも天冴えではっきり残ってるボヤは少ないですが、
これが坪のなかで一番分かりやすい個体です。
3efde1df852f4d72af8dde695b3b84c0
よもや覆輪かと思いましたが違いました。

314fdd03cbd64e07b152ddc119672678

Ce753afe5aa1470da2859fbf917294f1
この個体は食害で後ろの葉はほとんど無い痩せ細ったものでしたが蕾を2つ着けていました。

もやし状態の苞衣から漏れ燈のように黄色が滲んでいます。
755307f507654818af610143bb3e24a3

折らないようにして小さいほうの蕾の苞衣をめくってみました。
D60cd11958074cbe98e8c34352ab7dda
過去にモヤシ花の黄色の蕾は数え切れないほど見て来ましたが…
この色の乗り方はいかなるものでしょうか。
そっと苞衣をかぶせ直しました。

F31d0f72e20145bcb6103a538c71c263
山の神様、今日も歩かせていただきありがとう。


そうそう、あのコンビニに再び行きました。
お店のひとが出てこなくて常連らしき大黒様からパンとおにぎりを言い値で買い物してからずっと気になっていたのです。
夜だったのでお婆ちゃんが早々にシャッターを閉めようとしているところで、声をかけて買い物させてもらいました。
お会計を済ませて、先日の件について話すとお婆ちゃんも大黒様から聞いて覚えてくれていたようで話しがすぐに伝わりました。
「あ〜あなたが」
「もし足りなかったらいま出します」
「いいのよ、それよりうちが貰い過ぎてるかもしれないから」
同じパンが棚にあったので、レジであらためて値段を確認しておにぎりの値段と合わせたところ、少し多く支払っていた事が分かり約3週間を経て7円のお釣りを受け取りました。
また行きますね。


ご笑蘭ありがとうございます。




|

« 足首がもげそうな日々 | トップページ | 2017年度 大晦日春蘭散策 »

山のシュンラン蘭花草姿」カテゴリの記事

コメント

蘭の自生が少なくなっているようですが、澄んだ黄色の蕾の蘭が見つかって良かったですね。ユンナンさんの人柄もあるでしょうが、また行きたくなるような店ですね。

投稿: 7745 | 2017年12月22日 (金) 21時24分

7745さん

そうなんですよ。
山が荒れ放題で自生できる場所が減ってるのと、
あとは動物の食害ですね。
個体数は多いのですが結実できる力のある株が少ないんです。
お店はまた行きたくなります!

投稿: ユンナン | 2017年12月23日 (土) 08時13分

楽しく読ませていただいております。
ありがとうございます。
春蘭の楽しみ方や、採取するときの見方など面白く大変参考になりずっと続けていただければと思っています.


投稿: | 2017年12月23日 (土) 14時49分

名無しさま!

コメントありがとうございます!
嬉しいお言葉とても励みになります!
またお越しくださいませ!

投稿: ユンナン | 2017年12月24日 (日) 01時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661585/72476931

この記事へのトラックバック一覧です: 年末春蘭散策と7円のお釣り:

« 足首がもげそうな日々 | トップページ | 2017年度 大晦日春蘭散策 »