« 立ち葉の迷宮 | トップページ | これが犯行現場だ »

2017年4月21日 (金)

脳内に一致する情報がないときもある

アオイカンさんの記事も併せてご覧ください。

今月初めにアオイカンさんと朱金を発見した帰りにちょっと寄り道をしました。面白い個体があるとのことでアオイカンさんに案内され、その面白い個体を見学(笑)この地域で面白い個体を拝めるとは驚きでした!
ちなみに○○の海岸沿いではよく見られます。いつか一緒に行きましょう!

面白かった!笑
踵を返し、サクッと帰るつもりが…
アオイカンさんの足元に何か主張して来る花がありました。
Img_5798
「(時間ないので)ちょっとこれだけ見ていいですか?」


Img_5799
何…だこれは???


Img_5819
まだ咲き始めたばかりの弁先は鉤爪のよう。

覆輪??

青更紗??

蓮弁蘭や春剣、杭州寒蘭にあるような刷毛込みの無い覆輪…のような。
散り斑覆輪の柔らかい風合いというよりはキレのある覆輪。
とりあえず私の脳内ではこの花に一致する情報がありません。

写せていませんが葉にもまばらに糸覆輪のような斑が見られましたが、そのときは暗くてちゃんと確認は出来ませんでした。

このときは糸覆輪かなぁ…くらいに
大して気にもしていなかったのですが、、
写真を見返す度に気になって
気になって
仕方なくなる始末!


朱金発見の興奮も冷めやらぬなか、、
気になって仕方ないので!
アオイカンさんに正開した写真を送っていただきました。
Img_5820
随分落ち葉は積もっていたのですが、いわゆるモヤシ花のような色褪せた黄色にはならず、翠色を思わせる美しい趣のある花です。
遮光処理を施せば白く清廉な姿にもなりそうですが、覆輪が飛んでしまいますね。
どちらにせよ清楚で端麗な姿をまた披露しくれることでしょう。


Img_5821
新芽、次期の花が気になって仕方ありません!
アオイカンさんよろしくお願いいたします!!





« 立ち葉の迷宮 | トップページ | これが犯行現場だ »

山の蘭花草姿」カテゴリの記事

コメント

何回、この株をまたいだか。
俺には、わからなかった。
そうだ、これからはユンナンさんを「師匠」と呼ぼう!!

やめてください師匠!(笑)
はやく山行きましょう!
めんどくさい後輩ですみません_(:3 」∠)_

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661585/70332793

この記事へのトラックバック一覧です: 脳内に一致する情報がないときもある:

« 立ち葉の迷宮 | トップページ | これが犯行現場だ »