« 久しぶりのピアナン | トップページ | 立ち葉の迷宮 »

2017年4月12日 (水)

仲間を求めて

タイトルは植松伸夫さんの名曲のひとつ。
東洋蘭の世界でわかる方はいないかも。。
この記事はまた、ブログを更新していなかった2月頃の記録。


Img_4465
ここは初めてアオイカンさんと出陣したときの山。
個性のある草が多いがなかなか決め手になるものは見つかっていなかった。


Img_5710
不思議な事にもう歩き尽くしたと思っていたはずが覚えのない斜面に出た。
立ち葉の坪になっていた。


山では積もった落ち葉の影響なのか立ち葉風に育つ事が多い。
そのため期待はしていなかった…
Img_4462
が、目立ってずんぐりした株があった。


Img_4454
葉肉があってしっかりした葉性のようだ。


Img_4455
花が楽しみ。


Img_4457
帰りしな、またまた今まで気にしていなかった場所に細々と実生が出ていた。


程度に差はあるが硬質の葉性の坪のようだ。
そのなかで干からびて枯れそうなのかと思って無視していた株。
Img_4459
他にこれだというものがなく、この株を触ると葉肉のわりに硬質だった。


Img_4460
干からびて…


Img_4461
干からびているわけでは無かった。



ところ変わって…
これはまた別の日。
Img_5715
どういうわけか今日はもう帰ろう、という時に現れる。


朝から歩き回って散々普通の草を見ていたせいか、
Img_5711
何かが少し違うとしゃがみこんでしまう。


Img_5712
暗んではいるが微かに斑が見えた。


Img_5713
散り斑だった。


Img_5714
新芽が楽しみです。





« 久しぶりのピアナン | トップページ | 立ち葉の迷宮 »

山の蘭花草姿」カテゴリの記事

コメント

この散り斑、俺じゃ見逃すな🎵

じゃあアオイカンさんが見逃さないように
常に背後を歩くようにしますね(笑)

この斜面「俺が下歩くから、ユンナンさん上側頼むね」で行こう!!

了解です(`_´)ゞ
ときどき下も歩かせてください!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661585/70237987

この記事へのトラックバック一覧です: 仲間を求めて:

« 久しぶりのピアナン | トップページ | 立ち葉の迷宮 »