« 大どんでん返しの巻 | トップページ | 三河の花 三河の春蘭 三河野武士 »

2017年3月30日 (木)

日本春蘭 光琳をぜひ一鉢

ずいぶん更新休んでしまいました。
理由は…誰も興味ないということで割愛/(^o^)\

更新しなくなってひと月以上経った頃、SYB48(春蘭大好き山歩き大好きこれってもはや病的ですが、48人も仲間いないよ。え、その48って人数の意味じゃないんじゃない?の略)関東若手支部に一通のメールが届きました。1月の募集に賛同してくださった(リンク先の皆様はいいんです)たったひとりの有志。
アマゾン杉さん、ご賛同ありがとうございました。じつはアマゾン杉さんだけでした(笑)追ってブログリンクさせていただきたいと思いますm(._.)m
ご一緒に山歩き出来るのはまだまだずっと先になりそうですが、本当に嬉しかったです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします!


さて、毎年咲いてくれる光琳。今期は株を割って2鉢に植え替え、そのせいか包衣は茶色く枯れ込み、花芽はしけるだろうと思っていたのですが2鉢とも一花ずつ咲いてくれました。
Img_5251
今期も無遮光のためひどい色になっております。水苔かぶせるのも遅過ぎました。このシカミの入る方が2月7日頃咲き始めました。写真は2月13日。

以前書いたのですが2つに分かれた一方だけシカミの入る葉性です。どうしてシカミが入るのか分かりませんが、呉の蘭島で春蘭を見ていたとき、葉の落ちたバルブが枯れずにたくさん連なり、エネルギーに蓄えのあるような株立ちは芸ではなく生理現象的にシカミが出るのかな、と考えたりしました。中伊豆から嫁いで来た我が家の光琳は繁殖良く、少しですが芋を蓄えています。
Img_5254
全然花茎が伸びずかっこ悪いので引きの写真はありません(°_°)


Img_5255
上、下ともに3月5日の様子。
いつもいつも遮光処理しないだらしな〜い栽培者に呆れ、自身の気品のために尚も発色しようとする光琳の性質は朱金花として誠に一級でございますね。

Img_5293
いつもご面倒おかけします光琳さまm(._.)m

もう一鉢のシカミのないほうはヨレて咲いて棒芯は開き、花弁はこの株より細くなりました。
花茎を伸ばすために来期は遮光を頑張りたいです。
って、、夏季は出張多いんだよなぁ(°_°)





« 大どんでん返しの巻 | トップページ | 三河の花 三河の春蘭 三河野武士 »

日本の春蘭」カテゴリの記事

コメント

なるほど、私、一人

ぎ え゛え゛え゛〜(失神)


宜しくお願いいたします。

アマゾン杉さん

約1万通を超える応募のなか、非常に
高い選考基準を突破したのはアマゾン杉さん、
アナタだけだったのです!
今後…
2人で歩んで行くには
厳しい道かもしれません…



それでも!


ROM専で楽しみにしてくれている
全国のファンのために!



踊って歌える
トップアイドルを目指しましょっっっ!heart04heart04

けっこういける花になってるよ‼
うちでも玉英は遮光しても中々伸びてくれない。
咲きながら少しは伸びてくれるけど。
花色も後冴え気味に澄んで来る。
朱金の天華は昨日花を切ったけど、終わり間際に
最高の色を見せてくれた❗
朱金に朱を混ぜて、惚れぼれする色‼
遮光しても、咲き始めくすんでいるくらいのほうが
いい色出すよ‼

アオイカンさん

おー!ありがとうございます!
いけてて良かったです。
遮光に関しては同感です。
来期は花色を意識して咲かせたいです。

天華もそうですけど諸々写真見せてくださ〜い!
お待ちしてます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661585/70099472

この記事へのトラックバック一覧です: 日本春蘭 光琳をぜひ一鉢:

« 大どんでん返しの巻 | トップページ | 三河の花 三河の春蘭 三河野武士 »