« 春蘭更紗坪の保全その後 | トップページ | 呉 »

2016年12月10日 (土)

夢食う笹

笹とはいったい…
Img_3743
動物もほとんど食べない笹…

冬眠中のお腹の健康を保つために食べることはあるそうだ。
Img_3746
繁殖力が強く、笹は山から植物の多様性を奪ってしまった。

笹藪は葉の擦れ合う音で五感が鈍るので歩くべきではない。
獣に襲われては遅い。
Img_3748
笹の隙間や山道のへりにわずかに蘭が残る…

こんな美しいところもある。
Img_3750
しかしここもまた楽園の名残り。
蘭はことごとく獣に食われていた。
Img_3747
夢は食い尽くされてしまう。


Img_3749
今回歩いた山々は土の匂いが全然違った。
獣臭く体に残ってしまう。
いつかは吉和のほうも歩いてみたい。
山が好きだ。
だが荒れ行く山を歩くのは歯痒い。




« 春蘭更紗坪の保全その後 | トップページ | 呉 »

山の蘭花草姿」カテゴリの記事

コメント

人の暮らしが山から離れ林床の草本は壊滅です。灌木は薪に、落ち葉は堆肥に、自然と共存する時代が最高なのだ。春蘭にとってもササユリにとおっても

さすが、じーじです。
人は、山の一部から外れてしまったのですね。
かつて人は山の一部だった。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661585/68784171

この記事へのトラックバック一覧です: 夢食う笹:

« 春蘭更紗坪の保全その後 | トップページ | 呉 »