« 東京香蘭会の寒蘭展 | トップページ | ひたすら葉先の勉強 »

2016年11月24日 (木)

あの子のその後

お正月にみつけた縞です。白というよりは黄縞でした。
Dsc_0231
前2篠がほとんど青だったので割り、柄がはっきり分かる後木をMさんに預けました。前木からは青しか出ませんでした(笑)
9月頃にMさんと電話で話したとき
「新子は柄出なかったよ〜。やっぱり後冴えみたいだよ」
との事。私の持ってる前木は一向に後冴えで縞が出る様子が無いので後冴えなのか天冴えなのかずっと気になっていました。出張がひと段落ついたので久しぶりにMさんの棚に遊びに行きました。


現在の様子です。
Img_3472
全く柄出てませんでした(笑)

いやぁ…諦めきれません(T_T)
何度も鉢をぐるぐる回して入念に観察しました…
Img_3473
で、出てました!
正面からでは見えない新子の裏側です。ハカマの三分の一が縞になっています。まだ天冴えと確定したわけではありません。秋になって冴えて来ただけかもしれません。それでもちょっとホッとしました。。
Mさんから山採り名人Hさんの教えを伝え聞いているユンナンさんは青っ葉のハカマも見逃しません!え、誰でもそうですか。。はい。。


他にも預かっていただいてる株のその後も紹介します。
初めてMさんに預かっていただいた子です。
山の姿はこちら。(写真1、2枚目がそれになります)
昨年から一回り大きくなっていて、
Img_3475
なんだこりゃと思ってそのシルエットに胸がざわつきました。肉厚で今年の子は葉がべこっとして来ました。これも山採り名人Hさんのお墨付きいただきました。
私は山歩き始めたときからずっとひとりで散策してたので山での春蘭のこと、特に葉の見方など独学というかすずき園芸に置いてある昔の書籍やオークションの説明欄から学んだ程度でf^_^; Mさんとの出逢いは本当にたくさんの知識を私にもたらしてくださりました。


こちらは私には珍しく韓国産です。春に半分にしてMさんと尊敬するもうひとかたにお願いしました。
Img_3476
紺かぶりは弱いのですが私にとってはずっと見ていて飽きない子です。
Mさん本当に本当にいつもありがとうございます。゚(゚´ω`゚)゚。



こちらはお正月によく新年初散策祭りに呼んでくださる横須賀東洋蘭愛好会のSさんに預かっていただいてる子で、10月にバーベキューに呼んでくださったときに3年ぶりくらいに再会しました。
Img_3477
山の立ち葉と思いきや鉢植えでもちゃんとツンツンしていました。燕尾や筒葉も出すのですがどうやら花は普通だそうですf^_^;
Sさんも相当な山歩き好きな方で本当はもっともっとご一緒したいくらいです。
お正月が待ち遠しいです(笑)




ご笑覧ありがとうございました。


« 東京香蘭会の寒蘭展 | トップページ | ひたすら葉先の勉強 »

日本の春蘭」カテゴリの記事

コメント

何処かで見た壺、Мさんさすが、正月明けには蘭花村へ

どこかで見たことある壺ですね〜
Mさんは目の付け所がいいですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661585/68562203

この記事へのトラックバック一覧です: あの子のその後:

« 東京香蘭会の寒蘭展 | トップページ | ひたすら葉先の勉強 »