« ひたすら葉先の勉強 | トップページ | 中国奥地の蘭景草史 〜龙滩(龍灘)大峡谷〜 »

2016年11月30日 (水)

こってり

私が春蘭を散策しているときついしゃがみ込んで見入ってしまったなかで、こってりした草姿をいくつかご紹介します!撮影場所と日時はばらばらです。


Img_3619
にょきにょきっ!と力強く葉を振るっていました。
大葉性か徒長しすぎか不明ですが葉先は丸く受けています。
Img_3620
エネルギーを感じます!



Img_3622
ぷるっとした姿。



何だろうこの感じは。
Img_3617
シカミが入り肌が荒れている。
手前に倒れている古木はまるで違う葉性に見える。
Img_3618
面白そうなシルエットだが。。



カリッとしてる姿。
Img_3623
実生です。



濃い!
Img_3621
しかし新芽はまるでひょろひょろ。同じ子?と疑ってしまう。
※根がむき出してるのは最初からで食害と思われます。
紺地濃い葉は単純に葉緑素が多いということなのかな。暗い場所では徒長した濃い葉をよく見かけます。足りない照度を補うために葉緑素が活性されて葉の紺地が濃くなるのかもしれません。
そういえば色は様々な色が混ざると濃く、暗くなります。そういう事もあるのかも。
考える楽しさも与えてくれる春蘭に感謝!




« ひたすら葉先の勉強 | トップページ | 中国奥地の蘭景草史 〜龙滩(龍灘)大峡谷〜 »

山の蘭花草姿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661585/68648223

この記事へのトラックバック一覧です: こってり:

« ひたすら葉先の勉強 | トップページ | 中国奥地の蘭景草史 〜龙滩(龍灘)大峡谷〜 »