« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月25日 (日)

久しぶりの太陽

三河の花の株分けした鉢とひねくれ鉢ともに
花芽が来てくれました。
Img_20160925_182142
左上のぼけて写っている花芽は寄せ植えした別の株です。同じ沢の上流にあった葉肉がちょっと厚い小さな株でした。咲けば初花です。
 
 
光琳もまた花芽を着けてくれました。
Dsc_1799
鉢がぱんぱんになってきたので株分けしないといけませんね。苦手なとこです。
 
 
 
 
 
 
 

2016年9月20日 (火)

陽が遠いこの頃

この頃台風ばかりで日光不足にならないか心配です。

また勢いで引いてしまったかな……
と思っていた立ち葉から
面白そうな新芽が上がっていました。
帰りが遅いので画質悪くてすみません。
Img_20160920_225235
寄せ植えしてある左の株です。
 
Dsc_1790
 
Dsc_1788
山の立ち葉のままとは行きませんでしたが
露受けの気になる姿になりました。
 
 
 


2016年9月13日 (火)

始末書レベルの管理

春にたくさん咲いてくれた万字です。
ごめんなさい。
本当にごめんなさい。
Img_20160913_231444
ちょっと目を離した隙に立ち枯れが進行してしまったようです。
前回の記事でこの夏はすっぽぬけや立ち枯れが殆ど無かったと書いておきながらこの有り様です。
写真にある残った木も病気のような雰囲気があったので処分することにしました。
今のライフスタイルではまともに蘭を管理出来ていないと痛感しました。
痛いです。
とても。
 
 
 

2016年9月 3日 (土)

夏の終わり

Img_20160903_123147
 
 
この夏は出張を言い訳に管理を怠ってしまいました。
ハダニの被害が甚大でした。
今までこんなことはなかったので調べてみると
ハダニは同じ散布薬を使い続けると耐性を持ってしまうため毎年変えた方がいいそうです。
そのせいかはわからないのですが今年は散布薬を薄めすぎたかなと思っていたのにそのまま使い続けてしまっていたのでハダニに笑われたのかもしれません。
なんにしろ経験不足でした。
 
 
立ち枯れや新芽のすっぽぬけが殆どなかったことが救いです。
Dsc_1721
 
 
Dsc_1720
葉先の様子です。
 
 
 
 
 
 


« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »