« 春蘭不毛地帯からの脱出なるか | トップページ | 京都宋梅会の一茎九花展 2016 »

2016年5月 5日 (木)

春蘭がくれたもの

こうちょう先生と遊んだ記録後編です!
 
三河で見れた花を紹介していきますね。
Dsc_1295
山で見る姿は格別です。
 
こうちょう先生が春蘭がありそうな場所をこまめに案内してくださり、ようやく多治見方面からの長い長~~い春蘭不毛地帯から脱しました。
Dsc_1284
やや標高のある地域は花が咲いていました。
 
Dsc_1286
 
Dsc_1288
 
Img_20160504_093523
 
Img_20160504_093811
 
Dsc_1307
 
Dsc_1315
咲けないこともかまわずに
伸び始めたシイナが美しかった。

とても狭い範囲だけの自生でしたが
花型の良いものをみれて生き返りました。
ここは以前来たことがあったのに
この狭い斜面は見逃していました。
 
 
後日、このブログでも紹介した三河の花を見つけた山へ久しぶりに向かいました。そんちょたちが昔歩いた地で、広舌や肉厚の面白い花があるところで、山交配のことはこのときは忘れることにして、行く前からワクワクしすぎて気分は最高潮に。単純なもんです。
 
さすがに花は終わりでした。
Dsc_1322
 
Dsc_1323
天弁が広く筋肉質なのはぎりぎり分かりました。
 
メインの山へ入るとイバラや下草がさらに増え
春蘭にとっての環境が悪化してることがすぐにわかり
焦りを隠せませんでした。
 
これは大袈裟ではなく一歩、二歩進むだけでイバラに取り囲まれるので、刺さってくるトゲを抜いて絡まる枝をほどいての繰り返しで前に進み、痛みに耐えて探すものの以前あった春蘭の株立は消滅していて、かろうじて芋から貧弱な一篠を繰り出している株が数本あるだけで朝の元気は消えて無くなってしまいました。
 
Dsc_1327
わずか2~3株見ることができたエビネや
 
Dsc_1335
キンラン。
 
 
落胆する自分を励まそうと時間いっぱいまで以前春蘭があった山へと案内してくれるこうちょう先生には感謝のしようもありません。。
 
 
三河でもここ数年で使われなくなった田畑はさらに増え、隣接する山は人が入らぬ場所となり、すさまじい早さで藪と化し、人が離れた山からは春蘭も離れていったのでした。
野生植物の多様性が失われた根源は植林政策ではありますが、植林の隙間に残る広葉樹の斜面もそれが椎の木などの常緑樹の場合は尚更、人が管理しなければ春蘭などの自生地にはなり得ません。
田畑が無くなったことだけが原因ではなく、この時代は堆肥を作るために山で落ち葉を集める必要も減り、火を起こすために薪を集める必要も無くなり、必ずしも山の恩恵が無くとも人は暮らして行けるようになりました。
自分はこの時代にしか山を歩けないことが悔しくて仕方ありません。
そこら中に春蘭があったという数十年前、覆輪や素心を山歩きを好きな人なら誰もが一株くらいは見つけられたそうです。
里山を再生させようという動きは少しですが各地であります。
こんな時代でも春蘭の種子は空を舞い、いつだって降り立つ場所を探しています。
それはまるで妖精たちが楽園を探すように。
 
Img_20160504_091822
 
 
 
イバラ山の尾根で何かの斑入りを見つけました。
Dsc_1325
いくら調べても名前が分かりませんでした。
※ノイバラかもしれません。
こうちょう先生へプレゼント!
 
 
 
僕は母が遅く産んだ子でしたので、祖父、祖母という存在を知らなくて、幼い頃に親が離婚しているため父親という存在が人生で何なのか分からないし、子供の頃せいぜいサザエさん一家って何で人数多いんだろうって疑問に思ったくらいで母子家庭とか大して気にしてないけど、大人になってから僕のちょっと欠けた人生に春蘭がたくさんのお父さんやおじいちゃんを連れて来ました(笑)
だからサザエさん一家よりしあわせものなんですわ~!
がはは!
鳳来のじーじ、
2日間もありがとう!!

 
 
 
 
 

« 春蘭不毛地帯からの脱出なるか | トップページ | 京都宋梅会の一茎九花展 2016 »

山の蘭花草姿」カテゴリの記事

蘭筆蘭文失礼しました。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春蘭不毛地帯からの脱出なるか | トップページ | 京都宋梅会の一茎九花展 2016 »