« あの植物の初散策 | トップページ | 春蘭不毛地帯からの脱出なるか »

2016年4月30日 (土)

何だかんだで私は恵まれている

先日の岐阜の散策ではもう春蘭はみつからないと諦めかけたのですが、帰り際、こんなとこにはないだろうなと覗きこんだ用水路の急斜面に4株ほど自生しているのを確認しました。
Dsc_1267
 
Dsc_1268
あきらめられない自分に自分で呆れます。

この地域はカンアオイにとっては良い地ではありましたがシシガシラが自生している地域はやはり春蘭の自生地には向いていないようです。

東京は山へ行くには不便で、関東は会が多く山へ向かう人も必然的に多いので地方が羨ましいなぁなんて思うときがあるんですが場所によりけりですね。
無い場所には無いし、どこでもあるところにはありますね。
春蘭を始めたばかりの頃は東京住まいの自分は不遇だと思っていたけど、恵まれていたのですね。
 
Dsc_1266
これは何でしょう?
コシアブラのように美味しそうに見えます。

 
Img_20160430_124927
コシアブラの大木。もっと大きいのもありました。
 
 
 
 
Img_20160430_201311
多治見でごちそうになりました。
街並が素敵すぎて住みたいくらいです。
でも、春蘭ないから住みません(笑)
 
 
明日はこうちょう先生と冒険です(*`・ω・)ゞ
 
 
 

« あの植物の初散策 | トップページ | 春蘭不毛地帯からの脱出なるか »

山の蘭花草姿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661585/65230309

この記事へのトラックバック一覧です: 何だかんだで私は恵まれている:

« あの植物の初散策 | トップページ | 春蘭不毛地帯からの脱出なるか »