« 中国奥地の蘭景草史 | トップページ | 豆花までの果てしない距離と心の定義 »

2016年3月17日 (木)

花粉症発動な最近の山歩き

2月末からタイミング逃してアップしてなかったもの等、諸々の写真です。
歩いた場所はばらばらです。
 
 
Img_20160314_151115
オークションで人気のモヤシ黄花(真の黄花ではない)に
流行り?のベタ舌の2芸品!
Img_20160314_151150
葉姿はかなり硬いツンツン立ち葉でした。
ベタ舌はあまり趣味ではないので置いて来ました。
僕が何でもかんでも引くのをおすすめしないのは自分勝手な理由で、自然保護とかそんなんじゃありません。ほんのちょっと変わってるくらいのものを何でもかんでも引いてしまうとその坪に次の変わった実生が出る確率が下がるからです。
むやみやたら蕾を引っこ抜くのもおすすめしません。山歩き好きなら自分で自分の首を絞める行為です。理由は同じです。次の世代の実生が出る確率を下げるからです。変わってるものは普通の固体の天然交配の繰り返しからある日突然現れます。蕾は頑張って陽に透かすか、2つ以上着いてたら丁寧にめくって元に戻すとか、ハモグリバエにやられてたら引っこ抜いてあげるなどで無駄に引く数は減らせます。
 
 
脱線しました! 今度の株は
これだけ妙に黄色っぽい…黄葉……
ついに黄花なのかと思ったけど
山はそんなに甘くない!
Img_20160314_185527
といいつつ、気になって仕方なくて
確認するためだけに後日また山へ。
でも、、やっぱり葉焼けでした(断言)
葉の付け根辺りは全然黄色く無くて、葉が重なりあう部分は普通の緑色。環境的にも周囲に空を遮るものが少なく冷静に考えればわかることなのですが、近くの数株は青々としてたので惑わされました。いや、葉の色より自分の欲に惑わされました。鉢が増えるところでした。
 
 
次は葉幅が普通の株しかない場所で、裏松島の海岸沿いの春蘭みたいに葉幅をひいた株がありました。
Img_20160314_152036
 
Img_20160314_151941
二枚癒着してるのかと思うくらい幅広でした。
落ち葉より広い。
どんな花が咲くのでしょうね。
恐らく普通の大きさだと思いますが
数年後にタイミングよく花を観れたらいいな。
 
 
ずっと行ってなかった坪が腹立たしいくらい
笹に占拠されつつありました。
Img_20160317_205541
笹をバキボキ折りながら進みます。
今度草刈り機買おうかしら?
Img_20160317_211222
 
Img_20160317_212334
 
Dsc_0371
 
Img_20160317_212818
 
面白そうな子がたくさん育ってました。
決定的なものはなかなか無いものです。
最後にこの日一番面白かった株です。
Img_20160317_213819
 
Dsc_0385
ごちゃごちゃし過ぎててパッと見、よくわからないので株元を探ってみると3固体が同居してました。
Dsc_0388
 
Dsc_0389
 
Dsc_0387

この時期、覚悟はしてるのですが
案の定、花粉症が爆発しました。
ポケットティッシュ二袋じゃ足りなくて
ずっとタオルで抑えて歩きました。
花が咲き始める時期は一番楽しいのですが
呼吸困難で苦しくて仕方なくて普段より疲れます。

きりがないので今日はこの辺で。
ご笑覧ありがとうございました。
 
 
 


« 中国奥地の蘭景草史 | トップページ | 豆花までの果てしない距離と心の定義 »

山の蘭花草姿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661585/64450257

この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症発動な最近の山歩き:

« 中国奥地の蘭景草史 | トップページ | 豆花までの果てしない距離と心の定義 »