« 時間がいくらあっても足りない ~其の二~ | トップページ | 熊蜂(クマバチ)と一緒に ~其の一~ »

2016年3月31日 (木)

時間がいくらあっても足りない ~其の三~

写真が貯まりすぎたので続けて更新します。
其の二もご笑覧ください。
 
Img_20160331_165038
可愛い。
たくさん実生を出しておくれ。
 
 
いかにもモヤシ花あらわる。
Dsc_0796
写真の色と
肉眼での色とでは……
Img_20160326_184755
欲の深さによって黄色の濃さが変わります。
また、モヤシ花はカメラ写りが非常に良く、
“本当の” 本性の春蘭の黄花の
目の冴える黄色はモヤシ花とは逆に
カメラで再現することが難しいと
展示会に通っていた頃に思いました。

モヤシ花に足を取られていると
本来の目的を忘れこれは黄花なのかという
欲との戦いが始まるのです……
 
Img_20160326_185355
わぁ……

Img_20160326_184355
とりあえず綺麗だから写真を、写真を。。

Img_20160326_184558
君は同じ株から咲いているのか……

Img_20160326_184448
綺麗だ……。
 
 
ところ変わって。
 
出た。やっと写真に撮れた。
開花中に霜にやられた花です。
Img_20160331_165313
冷害で細胞が壊死していく途中の色で
間もなく隣の萎びれた花のように枯れます。
ぐったりしているのが目印。
ときたま、壊死が途中までで止まり
色花と勘違いされることがあります。
自分が蘭を始めたばかりの無知な頃、こういう状態に出会っていたら喜んで引いたことでしょう。

Img_20160331_165424
この花も……急な寒さに負けてしまいました。
花の色素ではなく枯れ進んでいるところの色です。
 
 
容赦ない自然の厳しさも
山歩きでは勉強することになります。
この花は毛虫の食害……
Dsc_0778

ではなく……
Dsc_0781
一過性の奇花です。
花弁、蕊柱、舌が未発達で癒着しています。
葉の食害で栄養が行き渡らなかったのでしょうか。
 
 
濁りの少ない大輪の花。
Img_20160331_164927
木に守られて健やかに咲けたようです。
 
 
Img_20160331_165635
 
Img_20160331_165555
 
Dsc_0782
 
Dsc_0784

 (*´ω`*)
 
 
本当に楽しい遠征でした。
アオイカンさん
お忙しいなかありがとうございました。
 
また煩悩と戦う旅にお付き合いください!
 
 
 
東京の桜が見頃を向かえております。
帰りが遅いので夜桜です。
Img_20160331_200449
 
まだ、、満開ではありません。
Img_20160331_200408
お金はないけどしあわせな気持ちになります。
 
 
 

« 時間がいくらあっても足りない ~其の二~ | トップページ | 熊蜂(クマバチ)と一緒に ~其の一~ »

山の蘭花草姿」カテゴリの記事

コメント

沢山の山花のアップ有難うございました。楽しい山歩きでした。山花を見るのが好きな2人だけに、陽が傾いてるのも忘れて歩き三昧を楽しみました。ユンナンさん有難う

ほんとそうでしたね。
山花を観て歩くことが至上の喜びなんだと
あらためて思いました。
ありがとうございました!
土日も期待してます←笑

2人仲良く山歩き・・・・・!
至福の季節ですね。
そんちょも昔日の思い出が甦ります。
「アオイカン」氏のブログに行ってきました。

<濁りの少ない大輪の花>
こんな花の決定版を探しておいてくれぇーーーー!

綺麗なもやし花キャップをすれば!若いころ近くの山で出会った緑花香りもあって最高だった、もう一度あいたい。今は昔の・・

そんちょが田んぼ落ち着いたら
みんなで歩きましょう!!
大輪はなかなか見つからないです!

こうちょうせんせいの辺りは減ってしまいましたね(>_<)
きっと山を明るくすればまた会えるかも!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661585/64741952

この記事へのトラックバック一覧です: 時間がいくらあっても足りない ~其の三~:

« 時間がいくらあっても足りない ~其の二~ | トップページ | 熊蜂(クマバチ)と一緒に ~其の一~ »