« 散策は山探しから | トップページ | 放置された山が藪と化してゆく虚しさよ »

2016年2月10日 (水)

黄色の幽霊

二日目はアオイカンさんと出発です♪
何度も書いてますが春蘭始めてからずーーっと
一人で歩いていたので一緒に行ってくれる方がいると本当に楽しいです!

前半は地図に付けた印を頼りにいくつか回りました。
あるにはあるのですが変わった坪は見つからず
ちょっと自信喪失気味に昼を向かえようとしてました。

すぐそばの斜面も地図に印を付けた場所だったのですが
アオイカンさんに申し訳ない気持ちになって場所を変えようかなと思ったら、
「行ってみますか?」と声をかけてもらえたので昼飯前にもう1チャンス狙いました。
Dsc_0076
実生の寄りに幽霊葉が出ていました。

Dsc_0078
けっこう黄色が強いです。
こういう幽霊葉ははじめてです。

Dsc_0073
葉先が焼け始めていますね。

Img_20160207_173720
とても綺麗でした。
しばらく見とれてしまいます。
兄弟たちは普通の青でした。
かなり念入りに探してまた移動しました。
 
Dsc_0080
何でしょう?
手のひらに収まるほど小さいです。
ノイバラの八ツ房? これから展開するのかな?
このまま盆栽にしたい可愛らしさでした。

午後も地図の印を目指して北へ南へ。
やまが外れましたが
どんな地域なのか勉強になりました。
この「やまが外れる」のやまは……

以下辞書より引用
万一の幸運に賭けること。
また、偶然の的中を当てにした予想。
「やまをかける」
◇鉱脈を掘り当てることは
確率の低い賭けであったことから。


だそうです。
そのまんま「山」から来てたんですね。
蘭用語ともいえますね(笑)
 
帰り際、通りすぎそうな道端に
ふさふさの草のかたまりを見つけました。
一見春蘭だと気付かないような姿。
ノイバラほどではありませんがミニサイズでした。
写真撮るの忘れてしまって
アオイカンさんに送ってもらいました。
010
バルブが無い……というか
株元が九花みたいでした。
約15篠もあったそうです。
小さいのに大株ですね。
きっと花が咲かないんだろうな~~
などと盛り上がって帰路に着きました。
 
アオイカンさんのおかげで楽しい散策になりました。
ありがとうございました!
花期は赤花みつけましょうね♪
 
 
 

« 散策は山探しから | トップページ | 放置された山が藪と化してゆく虚しさよ »

山の蘭花草姿」カテゴリの記事

コメント

黄色がとてもきれい。暗んで緑葉・黄芽になることを期待!!
今シーズン当たりっぱなし!!
あやかりたい

先日はありがとうございました!
やまが当たっただけです!
行き当たりばったり
社会不適合者をこらからもよろしくお願いいたします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661585/63856027

この記事へのトラックバック一覧です: 黄色の幽霊:

« 散策は山探しから | トップページ | 放置された山が藪と化してゆく虚しさよ »