« 第19回 土筆窯 稲木清宏 作陶展のご案内 | トップページ | 黄色の幽霊 »

2016年2月 8日 (月)

散策は山探しから

いつもありがとうございます。


今回は2日間遠征してきました。
初日は二日目にご一緒するアオイカンさんと歩く予定の山を下見に行きました。
蘭探しは山探しからです。
地図で当たりを付けておいて行ってみたら何も無いのは残念ですからね。
Img_20160207_190732
ハイキングコース的な道を辿ってざっと山の植生を見て歩きます。
しばらく行くと山道が分岐しました。
一方は麓に戻ってしまう道だったので無視して進むことにしました。
 
 
しかし、少し進んでやっぱり分岐に戻りました(笑)
ここまでめぼしいものが無く人の出入りが多そうなので思い切って下山して切り替えるのもいいかなと。
それにしても山道脇は実生が出やすいです。
よく踏み潰されても耐えている姿を見かけます。
3~4メートル進むと
そんな実生らしき小さなものが目に止まります。

干からびた雑草のような……
Img_20160207_222149
何でしょう?

判りますか?
Img_20160208_110319
 
ふ……
 
覆輪……です(鼻血)
Img_20160208_110648
しかも浮いているではありませんか。
僅か2センチ四方の土をまとって露出しています。

天冴えです。
Dsc_0047
よく枯れずに生きてくれていました。
初めての覆輪です。
今年に入ってから偶然が重なりすぎて怖いくらいです。
 
下山するつもりがまた思いとどまって
結局この山をなめるように歩きました。
Img_20160208_123534
 
Img_20160208_123547
これというものは見つかりませんでした。

うさぎに引き抜かれた株を散見します。
Img_20160207_190809
このままでは当然枯れるので
見つけたらいつも植え直します。
無為に反するかもしれません。
Img_20160207_190832
人間のエゴです。
せめて初心者の頃
無闇に引いて枯らした償いに。
Dsc_0070
二日目の散策に続きます。
 
 
 
 
 
 

« 第19回 土筆窯 稲木清宏 作陶展のご案内 | トップページ | 黄色の幽霊 »

山の蘭花草姿」カテゴリの記事

コメント

結構、覆輪深そう。絶好調のユンナンさん。次は赤花かーーー!!

先日はありがとうございました!
次は赤花ですかね~~?!

信ずるものは報われる。わすれかけた感動をありがとう。

もったいないお言葉です(>_<)
sharaさんとも早くご一緒に山行きたいです。
よろしくお願いします!

おめでとうございます。昔、覆輪を採った時のことを思い出しました。どんな花が咲くか楽しみですね。

コメントありがとうございます。
いまのご時世、
覆輪はもう見つからないと諦めかけてました。
ゴリョウさんもいつか一緒に山歩きしましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661585/63848816

この記事へのトラックバック一覧です: 散策は山探しから:

« 第19回 土筆窯 稲木清宏 作陶展のご案内 | トップページ | 黄色の幽霊 »