« 10年目の山歩き その3 | トップページ | 第19回 土筆窯 稲木清宏 作陶展のご案内 »

2016年1月31日 (日)

心の写真フォルダは消えないのだ

今日も行ってきました。
思い出を作りに……。
ええ、思い出です。
新しい思い出が欲しかったのです。

先日なんと……
どうでもいい写真1枚を削除しようとして

フォルダごと削除してしまったのです←

去年の夏からの
蘭の思い出すべて消えました/(^o^)\

※おじさんたちへ
/(^o^)\ これは「おわった」「人生オワタ」を意味します。
あと文末に「←」は、自主ツッコミやひとりでコケてる様子を示しています。(笑)より、やや自虐的なニュアンスです。
以上、おじさんたちへ。
 
 
いやはや……
ブログがあって良かった(笑)
不思議と大して落ち込むことなく
むしろ笑ってしまいました。


さて今日は前回とほとんど同じ山です。
少しポイントをずらして
新しい変わりの坪を探します。

Img_20160131_193910
写真は初山歩きリベンジのとき
入って1分で縞を見つけたときの斜面です。
 
 
けっこう交通費かかってしまったので
なにかしら新しい発見をしたいものです。
爪覆輪でいいから見つけたいな。。
それで複色花が咲いたらいいな……
月輪とか日輪みたいな……

山の神さまに殴られそうなくらいの
貪欲さにまみれて歩きました←
Img_20160131_193656

小一時間ウロウロしましたが
めぼしいものは見つかりません。
変わってない坪が
広範囲を占めていました。
ちょっと環境が変わるだけで
変わってほしいものが
変わらなくなってしまいます。
というのは都合のいい見解でした。

面白い坪を探すのは難しいです。
地図とにらめっこした努力など
探検家ごっこに過ぎません。
山のいざないが全てです。

なかなか見つからないからこそ
大切に敬われ蘭は銘々されます。
春蘭の文化は春蘭を愛する先人たちが
人の操作が入らぬ小さな奇跡に驚き
その虜になって愛倍され、
科学的ではなく情緒的に遊ばれ
魔法使いのような世界に心酔し
それゆえ蘭談義は何時までも尽きず
その春蘭を時には命懸けで戦禍から守られ
時には国と国の架け橋となった伝統あるものです。

どうか目先の珍しさや
単なるビジネスに利用され
この伝統が衰退しないことを願ってやみません。
 
 
本編に戻ります。
Img_20160131_201721
思いきってポイントを変えました。

すぐに気になる草を見つけます。
光の反射かもしれませんが葉先が白んで見えました。
そういうときでもとりあえず見ます。
Img_20160131_155041

葉焼けや障害の覆輪もどき……
Img_20160131_204036
かと思いましたが、
念のため詳細に観察します。
Img_20160131_204132
新芽で徐々に爪が入り、後冴えしていくようです。
Dsc_0020
ハカマにも出ています。
Dsc_0021
 
Img_20160131_210412
刷毛込みとまでは行きませんが爪から細く縞が伸びています。ちょっと暗くて分かりませんね。
 
 
新木の葉先の写真ありました。
少し出てますね。
Img_20160201_095122
 
ただの偶然なんですが
爪覆輪……
本当に現れてくれました…!!

斑の境目がとても綺麗だったのですが
雲って来てしまって写りが悪くなってしまいました。

兄弟株は無いかと周辺を探しましたが
うーーーん……。
無いものですね。
 
このあと再び小一時間さまよい、
前回の坪に向かいました。

ここは立ち葉だらけです。
Dsc_0034
こういうのを見つけるとまた来年が楽しみになります。
蕾が着いてる株もけっこうあります。
Dsc_0033
花期が楽しみです。
 
Img_20160131_211149
坪を感じさせる姿です。
Dsc_0030
左隣に写っている細い草は別株です。
Dsc_0027
かなり肉厚で硬いです。
相変わらず写真で表現出来てませんが外葉の受けになっている部分の葉肉の起伏が期待を掻き立てます。
しかし継続はするでしょうか?
 
 
最後に珍蘭景を。
Img_20160131_213612
くしゃみをして鼻毛が飛び出たような姿です!
激しくひねりが入って肉厚でしたが、、
これは個性というより生え方の問題だと思います。
 
 
傾斜が強いところなのですぐに筋肉痛に。
僕にしては珍しく早めに帰路に着きました。
 
 
 
 
 
 


« 10年目の山歩き その3 | トップページ | 第19回 土筆窯 稲木清宏 作陶展のご案内 »

山の蘭花草姿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661585/63731718

この記事へのトラックバック一覧です: 心の写真フォルダは消えないのだ:

« 10年目の山歩き その3 | トップページ | 第19回 土筆窯 稲木清宏 作陶展のご案内 »