« 青い花の導きについて | トップページ | 10年目の山歩き その2 »

2016年1月25日 (月)

10年目の山歩き

今回から草のアップだけではなく
歩いた山の景色も載せますね。
Img_20160125_230536
道中かなり雪が残っていたので心配しましたが、幸い春蘭の多い斜面は陽当たり良くすっかり溶けていました。
まあただ風が強くてじっとしていると寒くて仕方ありませんでした。
前回、縞をみつけたすぐ近くです。
Dsc_0280
半立ち葉が少々と……
 
Img_20160125_235733
あとはほとんど立ち葉です。

Dsc_0337
立ち葉はいくつもある葉姿の基本型に過ぎません。
立ち葉なら豆花かも……
という安易な考えは捨てて真剣に探します。
 
Dsc_0291
すごい角度で耐えています。
筋金入りの立ち葉ですね。

Dsc_0288
袴や外葉はどんな感じだろう。
絞まりは良くて少しスプーン状になっているような……。
いかんいかん!すぐ目が甘くなる……。
 
Img_20160126_010033
実際に立っているとかなりの傾斜です。
 
Dsc_0297
少し進むと葉幅を引いた雰囲気が混ざって来ました。
達磨葉のような姿もあります。
すぐ下の株はヤブランです。
Dsc_0298
 
これなんです。
これだから自然は楽しいのです。
この株がすごいということでは無くて
立ち葉と幅広の垂れ葉が混在してる面白さです。
坪にすごい可能性を感じて身震いしてしまいます。
もちろん可能性だけで終わることもあります。
今回はどうでしょう。
 
Dsc_0306
木の根元に……
この坪にしては普通の葉姿です。
それでも間近で観察します。
 
 
あ……
Img_20160124_171638
 
 
Dsc_0307

散り斑縞です。
陽射しが強くて影を作って撮影してるので見ずらくなってしまいました。
山歩き始めたばかりの頃に弱い峰散り斑はいくつか見つけたことあったのですが、こういう縞になっているのは初めてです。
親木にも細く暗くなった縞がありました。

立ち葉と幅広の垂れ葉の混在でわくわくした直後の散り斑縞は想定外でびっくりしました。
まだまだ面白い発見がありそうです。
それはまた次回に続きます♪
 
 
 
本当は山の全景も載せたいのですが
お察しくださると幸いです。

 
 
 
 
 

« 青い花の導きについて | トップページ | 10年目の山歩き その2 »

山の蘭花草姿」カテゴリの記事

コメント

すげー!!いうこと無し

おとーさーん!
山が呼んでるよ~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661585/63642130

この記事へのトラックバック一覧です: 10年目の山歩き:

« 青い花の導きについて | トップページ | 10年目の山歩き その2 »