« 菌従属栄養植物 〜ムヨウラン〜 | トップページ | この夏ミノムシ界流行ファッション »

2015年6月21日 (日)

春のしっぽを追いかけるとか言ってみる

北東北散策記のつづき

ひっそりと春蘭が咲いてるのがわかりますか?
五月末の風景
 
 
五月末の風景

 
雪国に東京が失くした自然が多く残されていることを期待していたものの、、植林が異常に多く、、そのなかにポツンと取り残されたような自生地が多かったです。
徒労に終わる日もありましたが咲いてる姿を拝めるだけで興奮するものでした。
五月末の風景

 
Dsc_1602

 
今回歩き回った北東北の地は大変山深く、どこへ行ってもフキ、チシマザサ、イタドリが当然のように麓を占拠していました。
そして広葉樹の明るい環境であってもフカフカではない固い林床が多かったのですが、これは長い積雪の重みで落ち葉が圧縮されるためかもしれません。
雪解けまでの時間がとても長いこの地域では土壌の分解はどうなるのでしょうか。
また、今回訪れたこの地域は日本で最も日照時間が短い場所でもありました。
 
Dsc_1606

最近またアクセス数が増えておりますが…

この地の散策で変わったものはありませんでしたので

なにも期待しないでください←
 
Dsc_1610


 
Dsc_1618
 
6月初旬。
この春?
最後にみた春蘭の花。
Dsc_1695

 
お疲れさまでした。
Dsc_1699

 
 
 
 
Dsc_1608
 

また会う日まで♪


« 菌従属栄養植物 〜ムヨウラン〜 | トップページ | この夏ミノムシ界流行ファッション »

山の蘭花草姿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661585/60465233

この記事へのトラックバック一覧です: 春のしっぽを追いかけるとか言ってみる:

« 菌従属栄養植物 〜ムヨウラン〜 | トップページ | この夏ミノムシ界流行ファッション »