« まだ咲いてくれている | トップページ | 北東北番外編 »

2015年5月21日 (木)

花焼けに話がそれる記事

前回と同じ日の続きになります。
まだまだ北東北におります。
帰りの電車まで時間があったため線路を挟んだ逆方面を歩いてみました。
やはりどこも鬱蒼とした放置林が多く暗くて鬱になりそうです。
しかし大きな川沿いを下って歩くと落葉樹が川に沿って点々と生えており、明るく下草の少ない林床に辿り着きました。
道から川まで五メートルほどで、縁(へり)は高さ十メートルほどの崖でした。
すぐに実生が見つかったので風通しの良い崖付近を覗き込むと春蘭の花が揺れていました。
安全を確認して撮影しましたが、足腰悪い方や良い子はぜったいに真似しないように!!

陽当たりが良いのでモヤシに焼けも入って黄花や白花のように見えちゃいますね。
1本だけ本当に黄花…だったらいいなぁ〜っていうのが
花焼けに話がそれる記事
ありましたがやっぱり花焼けでしょう。
花焼けと言われても何の事かわからない方もいると思います。
私の勝手な解釈で説明いたしますと陽が強く(長く)当たる場所で咲いた春蘭の花弁は緑の色素が滅することがあります。街頭のポスターが日に当たって色褪せるのと似たような感じですね。花弁の色素が白っぽくなるまで飛んでしまうと、局所的に花弁が茶色く枯れ込み、文字通り花焼けの状態になります。
花焼けに話がそれる記事
春蘭は枯れ葉の体積した林床に根付くことがほとんどですので、バルブ全体が埋もれた状態で自生しています。そのためバルブから出る花芽は春先、地表に伸びあがるまで陽が当たらぬことが多く、葉緑素が乗りきらないぼやけた黄緑色で花弁を展開させます。このいわゆるモヤシ花状態で強い陽に当たってしまうとまだまだ色が乗り切る前に葉緑素が滅されてしまい、白っぽい花焼けの状態になります。落ち葉の体積が少なく蕾にある程度の葉緑素が乗っている場合でも陽が強いと局所的に黄色く飛んで行きます。それがまるで複色花のように見えることがあります。
花焼けに話がそれる記事
花焼けを見分けるときにいちばん分かりやすいのは包衣です。まずモヤシ花状態であがった包衣は真っ白に近い美しい色になります。キャップ遮光したときと同じですね。花焼けするとその真っ白な包衣がヤニで染まったように黄ばんでいます。また、陽に焼かれて瑞々しさが抜け、包衣の端が干からびたように枯れています。

話がそれましたがとても花形の良い坪でした♪
写真ボケてるけど…
Dsc_1438

 
 
Dsc_1428

北東北散策記
くまに気を付けつつまた次回に続きます。

« まだ咲いてくれている | トップページ | 北東北番外編 »

山の蘭花草姿」カテゴリの記事

コメント

花焼けでなく黄花だよ

やったあーーー!!!
タラノメ食べたいです!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661585/60086493

この記事へのトラックバック一覧です: 花焼けに話がそれる記事:

« まだ咲いてくれている | トップページ | 北東北番外編 »