« 蘭の足跡を追う④ | トップページ | 蘭の足跡を追う⑥ »

2015年1月 3日 (土)

蘭の足跡を追う⑤

顔を上げて見渡すと手の届く範囲に同じ系統らしき草を散見し、激しく目移りしそうになります。
まずは近い順から……
蘭の足跡を追う⑤

これはぽってりとして鉢で詰めて作ったような姿でした。
蘭の足跡を追う⑤

実際に詰めたらどれくらい個性を発揮するのかワクワクしながら次の草へと視線を移します。

余談ですが山では動物に掘り返されたり、風雨に表土を削られたりで根が地表に露出している草を時折見かけます。
これらの草はある意味、大袈裟に例えると窮地に立たされている状況に近かったりで山にいながら徒長せず、まるで鉢で作したかのように小さく締まった姿でいることがあります。
山のなかではそれがあたかも変わり葉のように見映えするため、うかつにそれらを引いてばかりいると作場が狭くなってしまうので個人的にはおすすめ出来ません。
もちろん根が剥き出した草のなかにも本当に個性的なものがあると思います。

続きます。

« 蘭の足跡を追う④ | トップページ | 蘭の足跡を追う⑥ »

山の蘭花草姿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661585/58461129

この記事へのトラックバック一覧です: 蘭の足跡を追う⑤:

« 蘭の足跡を追う④ | トップページ | 蘭の足跡を追う⑥ »