« 稲木先生作陶展その五 | トップページ | アンモナイト地層鉢 »

2012年10月14日 (日)

つくし窯INすずき園芸

つくし窯INすずき園芸
つくし窯INすずき園芸
つくし窯INすずき園芸
つくし窯INすずき園芸
つくし窯INすずき園芸
早朝から伊豆で窯出しをしてくださった皆さんお疲れさまでした!

17時頃、遠路はるばる
稲木先生夫妻と
その愉快な
お窯仲間さまご一行が到着されました。

すずき園芸に搬入されたばかりのつくし窯鉢を皆さんで賑やかにレイアウト。
どの鉢も使い込むほど味わいが増しそうで良い風合いに焼きあがっています。

今回、稲木先生の作品の
多くに土筆(つくし)の装飾がなされていて、
それがとても暖かに鉢に馴染んで趣のあるつくりになっています。

なにより飾るのではなく
蘭を植え、
その成長と鉢の経年による変化を一緒に楽しみたい作品ばかりです。

三枚目の写真にある山葵の葉を押した鉢が僕はお気に入りです。
季節がらぴったりな景色でもありますね。

他にそんちょの焼いた七角も御披露目されました。
アンニュイなナナカドが杭州寒蘭のシャープなラインと原種の野性味をぐんと引き出してくれましょう!

稲木先生ありがとうございました!!

皆さん窯出しお疲れさまでした!!

こうちょう先生、飾り台の石ありがとうございました!!

白石さん遅くまでありがとうございましたm(_ _)m

まだ未見の方はお早めに!

« 稲木先生作陶展その五 | トップページ | アンモナイト地層鉢 »

蘭鉢」カテゴリの記事

コメント

UPありがとです。

鉢だけの展示もいいけど、この鉢使った蘭展がまた楽しみ^^

そんちょの顔写真が載った雑誌はここではさら・もとい展示してないの?

そんちょの乗った雑誌は肖像権の問題をクリアできず断念しました!

ご無沙汰です。色々な個性を持った鉢達がわいわいがやがややっているのが聞こえてきそうな感じです。目の前で聞けたらいいのになぁ~~

m's ranさん
お久しぶりです(^O^)
多分すずき園芸のホームページにもアップされると思いますのでこの機会にぜひ♪
春までにm's ranさんと一緒に山に行きたいです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1661585/47453054

この記事へのトラックバック一覧です: つくし窯INすずき園芸:

« 稲木先生作陶展その五 | トップページ | アンモナイト地層鉢 »