« 新芽パトロールと引っ越しご挨拶自重に関するお詫び | トップページ | 蘇州夜曲 »

2012年6月16日 (土)

紫陽花の頃

新芽が顔を出し、目にみえて生長を実感出来る毎日ですね。
仕事からの帰りが楽しみ過ぎます☆


紫陽花の頃
昨日ですが、図書館でランのウィルスのお勉強して来ました。
ウィルス。
怖いですね。


『ランのウイルス病』
診断・検定・防除
井上成信 著
定価:2,900円 (税込)
出版:農山漁村文化協会(農文協)


この井上先生の本を読ませていただきました!
ベテランの皆様にいたりましても、ウィルスが重々怖いのはわかっていても、未読の方はあえて読まれることをお薦めいたします。
紫陽花の頃


驚いたのが煙草を吸った指からも、その煙草の葉が感染していた場合、タバコモザイクウィルスというウィルスが蘭に感染してしまう可能性がなきにしもあらずだそうです。
煙草をやめられなくても、煙草を吸った指での株分けは念のためやめましょうってことですね。


あと、雨ざらしで葉が痛むのもウィルスではありませんが炭そ菌が関係してることも知ることが出来ました。
きっと皆さんはご承知かもしれませんが僕は本当に無知でした。
東京の雨は特に汚いので必ず屋根がある場所、もしくは樹木が屋根になってくれる置き場が必要ですね。


山の画像は今季みた風景で、最も春蘭の楽園だった場所です。
大きい画像でアップしましたので隅々までご覧ください( ´(ェ)`)

« 新芽パトロールと引っ越しご挨拶自重に関するお詫び | トップページ | 蘇州夜曲 »

山の蘭花草姿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新芽パトロールと引っ越しご挨拶自重に関するお詫び | トップページ | 蘇州夜曲 »