« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月26日 (火)

二律背反

植え替えが大好きなんですがもうこの時期になるとあまり出来ませんね。


ところで‥植え替えするといつも
微熱が出ます(・_・;)
すごい目を動かすからでしょうか?
あと植え替え後の最初の水やりで表土に水が溢れて少しでも逆流するようならやり直すようにしています。大袈裟ですが。
まいど微熱でぐったりしますが植え替えの楽しさがたまりません。


話し変わって以前載せた消えちゃう朱金を3条だけ採取したのですが、同じ株からひと月遅れ、4月の終わりに小花が咲きました。
二律背反
この丸いのが…


こうなります(笑)
二律背反
↑これより1ヶ月ほど前に同じ株に咲いていたのが下の花です。

二律背反
やっぱりすぐに色褪せました\(+×+)/
作花でも確認できるように大切に育てていますが…早くも蕾が着いて膨らんでいます。


朱金、不思議な色ですよね。赤のようにはっきりした色ではないけどノスタルジックで暖かく、そして橙色でなく朱金という東洋蘭らしい言葉が好きです。


光琳が欲しい★
光琳が欲しい★
光琳が欲しい★
光琳が欲しい★
光琳が欲しい★


はあ‥


光琳が欲しい(笑)


今まで何とも思ってなかったのに急に来ました。
光琳欲しい病です(゜∇゜)
置く場所ないのに。

2012年6月22日 (金)

荒れる梅雨

悪天候が続きますね。
梅雨はしとしと雨が続くイメージなのですが。


西日本の大雨。
和歌山のshiromukuさん大丈夫でしたか?


荒れる梅雨


荒れる梅雨


荒れる梅雨


写真
①台風翌日の夕焼け
②一茎一花新芽(ぴんく色がくすんでいきます)
③先日オススメした(笑)恵蘭新芽

2012年6月20日 (水)

蘇州夜曲

感情が荒みそうなときや憂鬱なとき、この曲を聴いて心を静めます。


蘇州夜曲
いろんな方が唄ったり、演奏されているのを3種類ほどプレイヤーに入れていますが、
姜小青(ジャン・シャオ・チン)さんの唄っている蘇州夜曲が一番好きです。
昔の、李香蘭さんが唄われているものは探したのですが見つかりませんでした。また時間が出来たら探そうと思います♪


写真は今日の新宿。
何だか、宇宙から地球を見下ろしたような空でした。
嵐が去っていこうとしています。


蘇州夜曲
もう一枚は曲の雰囲気に合うかなと思った雨の日の春蘭です。硬くトイが深いちょっと葉変わりで、舌が巻かないみたいです。


2012年6月16日 (土)

紫陽花の頃

新芽が顔を出し、目にみえて生長を実感出来る毎日ですね。
仕事からの帰りが楽しみ過ぎます☆


紫陽花の頃
昨日ですが、図書館でランのウィルスのお勉強して来ました。
ウィルス。
怖いですね。


『ランのウイルス病』
診断・検定・防除
井上成信 著
定価:2,900円 (税込)
出版:農山漁村文化協会(農文協)


この井上先生の本を読ませていただきました!
ベテランの皆様にいたりましても、ウィルスが重々怖いのはわかっていても、未読の方はあえて読まれることをお薦めいたします。
紫陽花の頃


驚いたのが煙草を吸った指からも、その煙草の葉が感染していた場合、タバコモザイクウィルスというウィルスが蘭に感染してしまう可能性がなきにしもあらずだそうです。
煙草をやめられなくても、煙草を吸った指での株分けは念のためやめましょうってことですね。


あと、雨ざらしで葉が痛むのもウィルスではありませんが炭そ菌が関係してることも知ることが出来ました。
きっと皆さんはご承知かもしれませんが僕は本当に無知でした。
東京の雨は特に汚いので必ず屋根がある場所、もしくは樹木が屋根になってくれる置き場が必要ですね。


山の画像は今季みた風景で、最も春蘭の楽園だった場所です。
大きい画像でアップしましたので隅々までご覧ください( ´(ェ)`)

2012年6月 9日 (土)

新芽パトロールと引っ越しご挨拶自重に関するお詫び

007に新芽調査を依頼!


ボンドカーが来てくれました☆
新芽


もっと色々すごい調査が行われたのですが、最近自動車事故が多いので自重しました。


そして今さらで大変申し訳ございません。
ブログ引っ越しに関するリンク先変更のご挨拶も自重させていただいております。
いまは春蘭の人工交配反対への想いがブログ根本にあります。
そのため私からご挨拶することは価値観の押し付けになります。
もし今も旧ブログ『蘭系笑史』をリンクしていただいている方がいらっしゃいましたらそっと削除していただけたら幸いです。
お手数おかけすること深くお詫び申し上げます。


「楽しめばいいじゃん」
ごもっともです。


でも呉恩元先生はじめ小原先生、松村先生、黒崎先生、山採り名人の方たちが育んでくださった春蘭への想いがあるから僕はより一層東洋蘭文化を大切にしたいと思うわけでございます。

2012年6月 6日 (水)

菌根菌

ふさふさ‥


新しい根っこに
毛が生えてます。


菌根菌


これを研究すれば
毛髪も…


※植わっているのは知人が送って来てくれた春蘭。僕ならまず採取しないようなジジババですが育てると可愛いです(笑)

2012年6月 2日 (土)

狭い部屋でも

以前(今も書いてあるかな)、
narimuneさんのサイトに書いてあったのを思い出して、マンションやアパートの室内でもイケそうな赤芽恵蘭を買いました。


狭い部屋でも
しかしあんなお安くて‥いいんでしょうか/(^o^)\なんてことだ
お手頃過ぎて東洋蘭入門者向けにぴったりでは?

狭い部屋でも
サイズも大きすぎず、小さすぎずでなんてちょうど良さ。

もう、柄が複雑過ぎて白から紺への移ろいとか、紺地が集中した箇所なんて下手したらブルーなんじゃないかってくらいです。
こんなに綺麗なら一年中みてて飽きないですよね(*^o^*)


恵蘭、もっと評価されるべき☆

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »