« 間違い探しのような観察 | トップページ | 宋錦旋梅 »

2012年5月20日 (日)

紺地が濃いとたまらない

写真より紺地が濃いんです。
触ると弾き返す硬さです。


紺地が濃いとたまらない
山頂付近で周りの株は黄色く焼けているのですが紺地の濃さで耐えたのでしょうか。
‥んなわけないか(自己完結)。


紺地が濃いとたまらない
葉姿は普通ですがハカマも濃くてしっかりしていて、僕にとっては山の宝石です。
こんな株にたくさんめぐり逢いたいです。
土壌は天然のネオソフロン(市販の用土)のようで美味しそうでした。


いい加減季節を無視した投稿が続きますが、こういうブログです。
栽培論なんて百年早くて語れませんが少しでも山の草姿から原種の気高さ、銘品がいかに選抜された尊いものなのかを感じていただけたら幸いです。


なんか最終回みたいになっちゃいました。

« 間違い探しのような観察 | トップページ | 宋錦旋梅 »

山の蘭花草姿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 間違い探しのような観察 | トップページ | 宋錦旋梅 »