« 消えちゃう朱金色? | トップページ | もしや又もやし花、ほか »

2012年4月 9日 (月)

変異

ちょっと見、風でも吹いたら飛ばされそうな、
“ただの”草かと思いました。
山歩きを始めたばかりのときだったら蘭だと気付かなかったかもしれません。

変異

変異

岩みたいにざらついた質感でトイが深く、ボヤがかった葉色。
短い下葉には細い棒縞。
どうなろうか迷って育ったような一年目の姿。
生姜根と、短い根。
大きな新芽がありました。

たしか長野県の方に引き受けていただきました。
お元気でしょうか?
ご一報いただけたら…幸いです(*^^*)

何にしても、こういうのは僕には十年早いものだと思いました。

僕の育った町は絶望的なほど植林とゴルフ場ばかりで、山は死んだようなものと諦めていたのでしたが、開発の隙間に残された広葉樹たちの床で小さな神秘に立ち会う事ができました。

« 消えちゃう朱金色? | トップページ | もしや又もやし花、ほか »

山の蘭花草姿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 消えちゃう朱金色? | トップページ | もしや又もやし花、ほか »