« 雨の姿 | トップページ | 原種だから »

2012年4月29日 (日)

蘭珍百景 その壱

①同じ位置から伸びた針葉樹と広葉樹。間には蘭様が。



②株元に蘭じゃない花。


③蘭の葉にも苔。


④洞になった木の根元でほぼ空中浮遊のバルブ。

皆様の投稿お待ちしております(^O^)

« 雨の姿 | トップページ | 原種だから »

山の蘭花草姿」カテゴリの記事

コメント

若いゴ様、初めまして。
お会いしたことはありませんが、S女史からお噂をお聞きしたことがあります。
私は先輩から山取り春蘭を頂いたことがきっかけで東洋蘭が生涯の趣味となりました。
数十年前に、春蘭の自生地に何度か足を運んだことがあります。
本当に民家のすぐそばに自生していましたので、今はどうでしょうか・・・

2枚目の春蘭と寒葵(だと思いますが)の2ショットが良いですね。
春蘭の下草に使ってみようかなと考えています。
・・・又、寄せてもらいますね。

poirotさん

はじめまして!
ご訪問ありがとうございます!
東洋蘭はほんとに一生の趣味になりうるものですね。
忙しくて忘れることがあっても飽きることがありません。
もうこれは神秘だと思います。

写真のはカンアオイみたいですね。どの地域かバレちゃいますね(^_^;)

都心に近い山だと雑草が多くて少ないですが、今も民家の近くに自生していますよ☆

また気軽に寄ってください(^O^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨の姿 | トップページ | 原種だから »