« もしや又もやし花、ほか | トップページ | 熊蜂が虚しく飛ぶ »

2012年4月15日 (日)

もはや華ではなく

寰球荷鼎(かんきゅうかてい)。
昨年撮影。
花弁の濁りも個性のひとつ…。
琥珀色と表現する文献もありますけど、
蒸らさないとそんな綺麗な色にはならないと思います。

緑深々と

2枚目のこちらは2ヶ月後の姿。

緑深々と

2ヶ月も咲き続けると濁りも飛び、舌まで緑色に
染まってしまうともはや花を超え、
ある種、霊的な存在感です。
軸まで青に。

« もしや又もやし花、ほか | トップページ | 熊蜂が虚しく飛ぶ »

中国春蘭・一茎一花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もしや又もやし花、ほか | トップページ | 熊蜂が虚しく飛ぶ »