トップページ | 大株の蘭草たち① »

2012年3月31日 (土)

春蘭との向き合い方

こちらではじめまして!
ユンナン☆と申します。

春蘭との向き合い方
旧ブログでは東京のすずき園芸のS石さんによって与えられた
若いゴという名前で書かせていただいておりました。
今となっては雲南省(ユウィンナン)より
浙江省(チョーチアン)にあこがれが移ろいだのですが、
響きが好きなので改名に至りました。

前置きが長くなりましたが、
野生の春蘭を好きになり早6年(だいたい)になります。
その、趣味のブログです。

貧乏なのに身の丈以上の珍品ばかり求めて右往左往。
古くから伝承された銘品はないがしろにし、
度重なる引っ越しではたくさんの蘭を枯らしました。
6年も趣味にしておいて学習能力ないですよね。
それで目が覚めた!
…とか偉そうなこと言うつもりはサラサラありません。
ただ、現状を踏まえて
蘭との向き合い方をあらためて考え直しております。

今はとても培養に適した生活環境ではありません。
庭もない賃貸ですし、いつ引っ越すとも限りません。
なるべく山の蘭から銘品の選抜されたる所以を学び、
写真に収めることで楽しみ、
残った少ない鉢を元気にしていけたらと思います。
鉢より株を増やし、三十代になり減り始めた毛髪も増やす…!

やっぱり植え替えが楽しいです。
この気持ちが残っていたのが救いです。
あらためて、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

※副題の宋錦旋先生については…
蘭迷先生のブログ
『我的蘭日記』〈宋梅の故事〉をご覧ください(*^^*)

トップページ | 大株の蘭草たち① »

山の蘭花草姿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トップページ | 大株の蘭草たち① »