2017年10月11日 (水)

備中国へ

昨年も岡山県を歩かせていただきましたが
今回は備中国(びっちゅうのくに)へ向かいました。

とても個人的な印象ですが、中国地方は杉檜等の植林が関東地方より少ない代わりに常緑樹林に覆われている山が多いと思います。
はじめての土地で春蘭が生えてそうな山を探すのは骨が折れますのであらかじめ地図で落葉樹林のありそうな場所に目星を付け出発。
E7fc754164f94ee7bd9b20a9d7f45e36
いくつかの選択肢がありました。
雨の後という事と今秋はじめての散策になるため、まだ体(というより目)が慣れていないので、ポイントまでの距離がほぼゼロのお散歩コースにすることにしました。
お散歩コースは山道の両脇の斜面を見て歩くだけで深入りしないコースとなっております。
山道に入ってすぐポツポツと春蘭が現れました。
7c2be34e99e24f3cb918b066263e92e8
碑(いしぶみ)に寄り添うように。

7f6a5b85f4ed43a499bc9aba31170321
岩から湧き出るように。

少し山道を進むと期待どおりに落葉樹林になっていました。
E07a2c794c6749fcb52840aeced484fb

前回とは違って実生や子株の数が多くて観察しきれないほどです。
480fe012415d4f03bbdc1c0d772779ba
たくさんありましたが個性を感じられる個体には出逢えません。

キノコが其処彼処に出ていました。
Bf3b238955cd4466a35eb089c26a0eb0

4bb13fc659534222a0a93bc7bc6347f9
瑠璃初茸(ルリハツタケ)です。
稲木先生の窯で焼いたようないい色でした。

不明のキノコ。名前教えてください。
6f9e29a00df34b53ba5fe09a954a5080
細い足にフリル状の傘がとても可愛い。
クヌギタケに似ていると思ったのですが、
クヌギではなく、落葉樹林の山道脇に出ていました。

これも分かりません。教えてくださいませ。
9cbde77e49cc476eb3229c37e45c5535
ホウキタケの仲間でしょうか?
調べても分かりません。

こんな風に斜面が崩れてぶら下がった状態の株がちらほら。
841d9e1cd4f54d97b0cc35334118ad76
そのまま崩れて落下したのか、獣に引っ張られたのか、
根っこ丸出しで転がっている株もよく見かけました。
落下寸前の株をよく見ると…

B145414ef8dc469faa16cae5353b6a47
凝り芽ですかね? かじられた跡はありません。
葉先が爪覆輪状に見えます。
2枚残された古木は今にもちぎれそうで状態悪く、
斑の出ていた様子は特になし。部分的に糸覆輪状に見えるのみでした。

キノコのカテゴリ作ろうかな?
面白い世界ですよね。
9b0f1b4b8d7f48c4ae54dbbf8230bc17
またこんな風に行ったことのない山を歩きたいです。

ご笑覧ありがとうございます。




2017年10月 7日 (土)

月夜の倉敷

蘭はどこかにゃ〜‪(๑•ω•́ฅ✧‬

8eb00fd1f22d493eac95846bb49843a5




36fc7b8fc5ac4285a857d2cf073846be




D40a2a4ea82249c585c173bd41da1b0e




18a69fe658c24edebe739b5c2e71192a




6234013d239346a7a1ac6a48b3c68f34




E7428dbb8d3f4439ac965d9b77b0a5d4




7d7a8959eab94651bc42b0459ac9034f
蘭はなかったけど中秋の名月みつけたにゃฅ(○´ω`○)ฅ





これから東京戻るのだけど…
その前に何処へ行こうか……



«対処法がわからない