2018年2月19日 (月)

復活の散策者 前編

先日、目の手術を無事に終えたsharaさんと一緒に山を歩いて来ました。
sharaさんとは一度だけ2時間程度いっしょに歩いた事はあったのですが、ちゃんと時間をかけて出動するのはこの日が初めてとなります。兼ねてからオファーしていたのでsharaさんがまた歩けるようになった事が何よりも嬉しかった日の記録です。

朝一で以前紹介した一枚葉の坪へ行ってみることにしました。
6de69142ca2f4fcc8de9a44974a1e9d7
期待した一枚葉の実生たちは姿が見えず、消滅したのか、育って普通に葉を繰り出したのか、判然としませんでしたが、丸止め、厚葉の立ち葉がある坪で飽きずに歩けました。
ここは短時間で切り上げ、近隣のマークした場所に移動しました。

素晴らしい天候に恵まれました。
7c8585a6bf2f4aa0ad906f128c2c4aff
sharaさんは目の手術後でしきりに眩しがっていました。

500ac75d6e5446b88b8424fb34ac28bb
非常に食害レベルが低い稀な環境です。

座ったまま手を伸ばして春蘭を観察出来ます。
A311ebbe59514782ac4a0d027d33db35
杉の植林でこの森林大国が失ったものはあまりに大きいです。日本の森林の約4割が植林ですが実質、その4割は自然環境といえないと私は思います。そのツケは花粉症だけではなく農作物の食害でもあり、人と自然界に流れる不協和音だと思います。
数字でみると平成28年度の獣害による農作物の被害額は約172億円です。主な内訳はシカ約56億円、イノシシ約51億円、サル約10億円という事です。植林山は実りを失い、鳥獣たちは実りを求め人里まで降りるようになりました。勿論、植林だけが要因ではありませんが(開発、狼の絶滅等々)、その後の報われなさは他の要因より残念です。

数字には出来ませんが春蘭の多くの可能性も失われたと思うと悔やまれてなりません。

そんな植林を相手に森林ボランティアの活動もされているsharaさんに呼ばれ駆け付けると…
52ea0edbb3e04924bbb6a5218e945e47
なんと2月中旬で開花してる春蘭がありました!
なんとも得した気持ちに! 汗ばむくらいの気温でしたからね。
葉の雰囲気的には朝一の場所に近く、立ち葉のふくよかな個体が多い場所でした。

その近くでハモグリバエにやられた蕾を確認すると…
(蕊柱が幼虫に食い破られ、花粉塊も枯れている)
右副弁に僅かに見える蝶は一過性のようです。
B7508cc7807443f0975c1ed1473a971c
散策中、蕾の丸みを確認することがあります。その際、フカフカで中身が空いてる場合や、包衣に穴が空いてる蕾は殆どハモグリバエに寄生されており、花の機能を失っています。そういった蕾は花として咲けないので出来ればすり潰します。ハモグリバエの繁殖を抑えるためです。

私は蕾確認の際、基本的に二つ以上の着蕾で中身を観察します。蕾一つで観察が必要な際は折らずに包衣をめくりその後も開花出来るようにします。
綺麗事じゃありません。よかったら考えてみてくださいm(._.)m
山が荒れて実生が出づらくなった昨今、見境なく剥き取りしたらどうなるでしょう。。自分で自分の首を絞める(楽しい実生の更新を自ら潰す)ことになるんです。我先に!という、はやる気持ちは十分理解出来ます。でも時代は変わったんです。私のような若造の世代にも楽しみを残してくださると幸いです。

…って結局自分のためやないかーい!!!


sharaさんが実生がポツポツ出ている斜面を発見。
23ea0f7592094d01a1423d3744d0b2e5
これは…

Daba9729e8654f0faab489d822fe1dbd
二年木の外葉の主脈が目立ちます。

28bbdb9be2484279975a151015bd47d4
主脈にかぶった棒縞でした。(暗いほうが主脈)
わーい中透けだー!(笑)

ほかに燕尾をみせる地味な散り斑などがありました。


昼前に再び少し移動しました。

移動先は植生はいいものの、、
食害レベルが高く、、
また笹薮も侵攻して来ていて
残念ながらまともな株はありません。

小一時間散策してお昼過ぎてしまったので
休憩するためにいったん林を出ようと
早足で戻る途中、
陽当たりの良い縁で…

山の神さまのイタズラに引っかかります。



???
9592a698041249fdad1d220ddeaa0bf4
なんだこの色?!

64e734cb284e400a823590347aea187d
枯れてるかと思いきや肌色なのです。

葉の裏面から。
F8f62f93aa3c42958c8964b15e95e6bd_2
枯れてはいないものの…

5a9553ddf3df4faba9f537f3e0601099
肌色と緑の境界が黒ずんでる箇所もあります。
「貴様…ただのなんちゃって虎じゃないな!?」と、困惑。
肌色の入り方はまるで斑のように見えましたが……
「冷害だね」
と、sharaさんから冷静な判決が下され…
この夜、ゴリョウさんにも意見を求めたところ
やはり冷害の判断をいただきました(笑)
お二人とも過去に同じような経験をされているそうです。
さすが大先輩たち!
私は山歩き10年程度なのですが、この類は初めての遭遇で恥ずかしながらとても良い?勉強となりました。

休憩挟んで今度は大きく移動しました。
後編へ続く(きのう熱で終日寝込んで書ききれなかった)


ご笑覧ありがとうございました。
sharaさん、ひとまず楽しすぎた一日をありがとうございました!



2018年2月15日 (木)

復活の中国春蘭展と自然の野生ラン

Img_6528
京都宋梅会が7年ぶりに中国春蘭展を開催します。
詳しくは蘭迷さんのブログをご確認ください!
私も行く予定です。飛び入り展示したいな!

私はいつも蘭迷さんの栽培した蘭を観ると
作ということについて考えさせられます。
とてもルーズな自分には真似できないとわかっていても
いつかは…
と目標にしてしまうくらいに刺激を受けてしまいます。
プラ鉢栽培に慣れてしまったり、それが当たり前になっていらっしゃる方もぜひぜひユンナンに騙されたと思って足を運んでみてくださいm(._.)m



おまけ

日曜(たぶん…)朝起きるとものすごい濃霧でした。
4e886d8a34ac4b7cb25763e7c824c455

E8e648f360aa48fea241f801ab84c704
霧が濃すぎて太陽の輪郭が見えました。

1d0b60dab6b645afade4a97781ce6ab8

9fd13bdd81c04392ba6a7e987925d228
そうそう、まるまる太った動きの遅いウサギと出会いましたよ。
これがばらい可愛いくて、、
憎めないんですよぉ。。
春蘭を食い荒らす筆頭なのに。。

3cc9252d5f6e4dd7943f5de17729e696
エビネの花殻初めてみました。

0c1374f3e46c438591203916a74f52ef
もうそっとしておきましょうね。。


こちらは…
858d45d0f6e740378f53d88ec9e6a57c
サガミランかマヤランの朔果でしょうか。
まだ咲いている姿を見たことがないんですよね。
夏場、どなたか腐生蘭(旧称)の写真撮りに行きませんか〜!

先日アオイカンさんの作場にお邪魔しました。
A841cdfd4df34ea485f8f46fadd8f830
アオイカンさんと一緒に発見した朱金と梅弁(兜花)が上作していました。

こちらは兜咲き梅弁花。
F845b5d300d6487baf37e9d06cf54ae9
写真撮ってないのですが芋吹きも成功していて名人だなぁって思いました!
ご予定あったのに長居してしまいすみませんでしたm(._.)m



ご笑覧ありがとうございます。


«祥字の素舌咲き